[新製品・サービス]

ヤマハ、LTE回線のエッジルーター「NVR700W」を強化、アプリケーションを識別して経路を制御

2020年2月26日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヤマハは2020年2月26日、モバイル回線(LTE)を使ってインターネットに接続できるエッジルーター機器「NVR700W」を強化すると発表した。パケットの中身を見てアプリケーションの種類を判別し、これに基づいてインターネットアクセスの経路を制御できるようにする。2020年3月にファームウェアを更新して対応する。

写真1:モバイル回線(LTE)を使ってインターネットに接続できるエッジルーター機器「NVR700W」の外観写真1:モバイル回線(LTE)を使ってインターネットに接続できるエッジルーター機器「NVR700W」の外観
拡大画像表示

 NVR700Wは、モバイル回線(LTE)を使ってインターネットに接続できるエッジルーター機器である(写真1)。中小規模の事業所など、有線の固定回線を敷設しにくい環境などでも簡単にインターネットに接続できる。光回線に接続する場合も、小型ONUを装着するためのONUポートを備えるため、据置型ONUを接続することなく光回線を収容できる。

 今回、NVR700Wのファームウェアを更新し、パケットの中身を細かく調べてアプリケーションの中身を判別するDPI(Deep Packet Inspection)機能を追加する。DPIの主な目的として、アプリケーションの種類に応じてインターネットへの接続経路を切り替えるインターネットブレイクアウトを実現する。

 識別可能アプリケーション数は、約3000種類。経路制御だけでなく、識別したアプリケーション情報を利用して、特定のアプリケーションの通信を許可・阻止したり、QoS制御によって優先度を調整したりできる(図1)。アプリケーション制御のスループットは、300Mビット/秒。

図1:アプリケーションを識別し、アプリケエーションの種類に応じて経路制御などのフィルタリングをかけられるようにした(出典:ヤマハ)図1:アプリケーションを識別し、アプリケエーションの種類に応じて経路制御などのフィルタリングをかけられるようにした(出典:ヤマハ)
拡大画像表示

 ヤマハではまず、2019年9月に、エッジルーター機器「RTX830」にDPI機能を追加した。オプションライセンス「YSL-DPI」として提供している。今回、YSL-DPIの対象機器を拡大し、モバイル回線を利用できるNVR700WでもDPIを利用できるようにした形である。

 価格(税別)は、NVR700W本体が11万8000円。DPIを可能にするオプションライセンス(YSL-DPI)は、1年間で2万3500円、または5年間で7万500円。

関連キーワード

ヤマハ / LTE / インターネットブレイクアウト

関連記事

Special

-PR-

ヤマハ、LTE回線のエッジルーター「NVR700W」を強化、アプリケーションを識別して経路を制御ヤマハは2020年2月26日、モバイル回線(LTE)を使ってインターネットに接続できるエッジルーター機器「NVR700W」を強化すると発表した。パケットの中身を見てアプリケーションの種類を判別し、これに基づいてインターネットアクセスの経路を制御できるようにする。2020年3月にファームウェアを更新して対応する。

PAGE TOP