[事例ニュース]

みずほ銀行とみずほ信託銀行がSalesforce CRMを採用、グループ1万6000人で顧客情報を共有

2020年2月27日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)は、主要子会社のみずほ銀行とみずほ信託銀行において、金融機関向けCRM(顧客関係管理)クラウドサービス「Financial Services Cloud」(FSC)を採用した。グループ全体で1万6000人体制で顧客情報などを共有する。セールスフォース・ドットコムによると、国内の銀行業では最大規模となる。セールスフォース・ドットコムが同年2月27日に発表した。

 セールスフォース・ドットコムのFinancial Services Cloudは、金融機関向けの顧客関係管理(CRM)サービスである。SaaS型クラウドサービス上で、顧客、案件、見込顧客に関する情報をまとめて管理することができる(画面1)。

 みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)では、これまでにリテール・事業法人カンパニーの約6000人がFinancial Services Cloudを使ってきた。今回新たに、みずほ銀行とみずほ信託銀行において、1万人を超える社員が新規で利用を開始する。これにより、合計で1万6000人体制で顧客情報やノウハウを共有する。

 Financial Services Cloudによって、すべての顧客情報を一元的に管理できるようにする。みずほFGは同サービスの活用により、付加価値の高い金融サービスを、より多くの顧客に、適切なタイミングで提案できる営業基盤を構築するとしている。

画面1:Financial Services Cloudの操作画面(出典:セールスフォース・ドットコム)
拡大画像表示
関連キーワード

みずほ銀行 / みずほ信託銀行 / Financial Services Cloud / Salesforce.com / 金融 / 銀行 / SaaS

関連記事

Special

-PR-

みずほ銀行とみずほ信託銀行がSalesforce CRMを採用、グループ1万6000人で顧客情報を共有みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)は、主要子会社のみずほ銀行とみずほ信託銀行において、金融機関向けCRM(顧客関係管理)クラウドサービス「Financial Services Cloud」(FSC)を採用した。グループ全体で1万6000人体制で顧客情報などを共有する。セールスフォース・ドットコムによると、国内の銀行業では最大規模となる。セールスフォース・ドットコムが同年2月27日に発表した。

PAGE TOP