[新製品・サービス]

アイレット、AWS上にWindowsファイルサーバーを構築するサービスを強化

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを利用可能に

2020年2月27日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アイレットは2020年2月27日、AWS(Amazon Web Services)上にWindowsファイルサーバーを構築して運用サービスと共に提供するサービス「migrationpack for ファイルサーバー」を強化した。新たに、Amazon EC2ベースのファイルサーバーだけでなく、AWSが提供するファイルサーバーサービス「Amazon FSx for Windows ファイルサーバー」を利用して構築できるようにした。ユーザーは、要件に合わせて自社に適した構成でファイルサーバーを構築できる。

 アイレットが提供している「migrationpack for ファイルサーバー」は、AWS上にWindowsファイルサーバーを構築し、ファイルサーバーの運用監視サービスとともに提供するサービスである(記事末の表1)。

 「既存のファイルサーバーを極力同じ環境・操作感のままクラウドへ移行したい」という需要に応える。ユーザー企業と専用線で接続することで、ネットワークのレイテンシ(遅延時間)やセキュリティの問題を解決する。

 今回、ファイルサーバーの構築方法を拡充した(図1)。従来は、仮想サーバーのAmazon EC2上に、アイレットがWindowsベースのファイルサーバーを構築、これを提供していた。今回、AWSが提供するマネージド型のWindowsファイルサーバーサービス「Amazon FSx for Windows ファイルサーバー」を利用できるようにした。

図1:Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを利用した基本構成(出典:アイレット)図1:Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを利用した基本構成(出典:アイレット)
拡大画像表示

 Amazon FSx for Windows ファイルサーバーには、Windows OSの管理が不要になるというメリットや、標準でマルチAZ(アベイラビリティーゾーン)を利用した冗長化がとれるといったメリットがある。

 価格(税別)は、ファイルサーバー環境を構築する初期費用が、基本構成の場合に15万円。月額費用は、「サーバー監視・運用サービス」がサーバー1台あたり月額3万円。

表1:基本構成の対応範囲(出典:アイレット)
項目 Amazon EC2を利用 Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを利用
AWS構築 ・Amazon VPC
・Amazon EC2(ファイルサーバー、踏み台)
・NATゲートウェイ(インターネット接続用)
・Amazon VPC
・Amazon EC2(管理用)
・AWS Managed Microsoft AD
・Amazon FSx for Windows ファイルサーバー
ドキュメント Backlog wikiにてAWSパラメーター設定を記載 Backlog wikiにてAWSパラメーター設定を記載
バックアップ 標準:2世代設定 標準:2世代設定
監視 ・CIFSポート監視
・ディスク容量監視
・リソース監視
・死活監視
・Amazon FSx for Windows ファイルサーバー標準監視内容
- Amazon CloudWatchメトリクス監視(容量監視)
・AWS Managed Microsoft AD標準監視内容
- Amazon SNS通知(ステータス監視)
- Amazon CloudWatch Logsアクセス監視
関連キーワード

ファイルサーバー / アイレット / AWS

関連記事

Special

-PR-

アイレット、AWS上にWindowsファイルサーバーを構築するサービスを強化アイレットは2020年2月27日、AWS(Amazon Web Services)上にWindowsファイルサーバーを構築して運用サービスと共に提供するサービス「migrationpack for ファイルサーバー」を強化した。新たに、Amazon EC2ベースのファイルサーバーだけでなく、AWSが提供するファイルサーバーサービス「Amazon FSx for Windows ファイルサーバー」を利用して構築できるようにした。ユーザーは、要件に合わせて自社に適した構成でファイルサーバーを構築できる。

PAGE TOP