[新製品・サービス]

ロジギアジャパンとパソナテック、ベトナムのエンジニアを活用したSAP S/4HANAの導入支援

2020年3月2日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ロジギアジャパンとパソナテックは2020年4月から、両社がそれぞれ持っているベトナムのエンジニアと技術を組み合わせ、SAP S/4HANAの導入支援サービスを提供する。ロジギアジャパンの親会社であるデジタルハーツホールディングスが同年3月2日に発表した。

 ロジギアジャパンとパソナテックは、両社がそれぞれ持っているベトナムのエンジニアと技術を組み合わせて、SAP S/4HANAの導入支援サービスを提供する。開発・導入から保守・運用までをワンストップで支援する。

 具体的には、パソナテックのエンジニアが開発を担当し、LogiGearグループ(ロジギアジャパンおよびベトナムのLogiGear Vietnam)が検証を担当する。また、これらはすべてパソナテックが新設する「ベトナムSAPセンター」で実施する。

 テスト工程では、LogiGearグループ独自の自動化ツール「TestArchitect」を活用することで、SAP S/4HANAの導入コストを抑制する。今後はさらに、要件定義、設計、保守・運用の各工程において、SAP S/4HANAに関する専門的な知見を持つパートナ企業の拡充を予定する。

 背景には、SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行には、カスタマイズなどが原因となり、多大な時間と人的リソースが必要となっている状況がある。移行に対応できるSAPエンジニアが不足していることから、移行コストの高騰などが課題となっている。

関連キーワード

ロジギアジャパン / パソナテック / S/4HANA / SAP / ベトナム / IT人材

関連記事

Special

-PR-

ロジギアジャパンとパソナテック、ベトナムのエンジニアを活用したSAP S/4HANAの導入支援ロジギアジャパンとパソナテックは2020年4月から、両社がそれぞれ持っているベトナムのエンジニアと技術を組み合わせ、SAP S/4HANAの導入支援サービスを提供する。ロジギアジャパンの親会社であるデジタルハーツホールディングスが同年3月2日に発表した。

PAGE TOP