開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ギットハブ、モバイルアプリ「GitHub for mobile」の正式版をリリース

2020年3月19日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ギットハブ・ジャパンは2020年3月19日、Android/iOSスマートフォン/タブレットでGitHubを利用できるモバイルアプリケーション「GitHub for mobile」の正式版をリリースしたと発表した。Google PlayまたはApp Storeからダウンロードして利用できる。

 GitHub for mobileは、Android/iOS端末でGitHubを利用できるモバイルアプリケーションである(関連記事GitHub、「GitHub for mobile」のAndroid向けベータ版を公開)。モバイル端末のネイティブアプリとして実装している(画面1)。

画面1:GitHub for mobileの画面イメージ画面1:GitHub for mobileの画面イメージ(出典:ギットハブ・ジャパン)
拡大画像表示

 モバイルアプリを使うことで、どこにいてもコードのレビュー、変更の確認、チームメンバーとの連携などが可能になる。複雑な開発環境を必要としない多くの作業を、どこからでも簡単に実行できる。

 GitHub for mobileを使うと、1回のスワイプ操作によって、タスクを整理できる。アプリ内の受信箱内の通知をスワイプしてタスクを完了させる、あるいは事後確認するように振り分けられる。また、外出先でも、いつでもコメントに回答できる。プルリクエストのレビューやマージなどの作業も進められる。

 正式版のリリースにあたり、2019年11月にiOS版のベータ版、2020年1月にAndroid版のベータ版をリリースしている。今回、ベータテストを終了し、ベータ版の利用者からのフィードバックを反映し、正式リリースとした。

関連キーワード

GitHub / GitHub for mobile

関連記事

Special

-PR-

ギットハブ、モバイルアプリ「GitHub for mobile」の正式版をリリースギットハブ・ジャパンは2020年3月19日、Android/iOSスマートフォン/タブレットでGitHubを利用できるモバイルアプリケーション「GitHub for mobile」の正式版をリリースしたと発表した。Google PlayまたはApp Storeからダウンロードして利用できる。

PAGE TOP