[調査・レポート]

2022年度のDaaS市場は2018年度の2倍に拡大―ITR調べ

2020年3月25日(水)IT Leaders編集部

アイ・ティ・アール(ITR)は2020年3月24日、国内のDaaS(Desktop as a Service)市場規模の推移と予測を発表した。2022年度のDaaS市場は2018年度の2倍に拡大する。働き方改革とテレワークの推進機運の高まりにより、市場は活性化している。

 アイ・ティ・アールは、国内のDaaS市場規模の推移と予測を発表した。2018年度のDaaS市場の売上金額は184億3000万円で、前年度比14.6%増となった(図1)。一部のベンダーで売上げが減少したが、上位2社の伸びが市場を牽引した。

図1:DaaS市場規模推移および予測(2017~2023年度予測)(出典:アイ・ティ・アール)図1:DaaS市場規模推移および予測(2017~2023年度予測)(出典:アイ・ティ・アール)
拡大画像表示

 昨今の働き方改革推進の動きがDaaSの導入を後押ししている。企業規模に関わらず、テレワークを推進する機運も高まっている。

 さらに、従業員のPC管理負荷を軽減する目的でDaaSを導入する企業も増える。頻繁に更新プログラムが出るクライアントOSの集中管理や、ポリシーに沿ったクライアント運用/セキュリティ統制の手段としてDaaSの利用が見込まれる。

 さらに、これまでオンプレミス環境でVDI(デスクトップ仮想化)ミドルウェアを用いて構築していたクライアント仮想化環境をDaaSに移行する企業が、金融業を中心にしながら業種・業態を問わず増加しつつある。

 こうした経緯から、国内DaaS市場における2018~2023年度のCAGR(年平均成長率)は17.3%、2022年度の市場規模は2018年度の2倍に拡大する。

 ITRでは、「2019年は働き方改革の推進とともに、東京五輪の開催時期の通勤対策として、在宅勤務の試験運用を実施する企業が増えた。2020年に入り、新型コロナウイルス感染症の流行により、在宅勤務やWeb会議への対応が喫緊の課題となった。これらの動きを受けて、BCP(業務継続性)対策手段としてDaaSを検討する企業が増える」という旨のコメントをしている。

関連キーワード

DaaS / アイ・ティ・アール

関連記事

Special

-PR-

2022年度のDaaS市場は2018年度の2倍に拡大―ITR調べアイ・ティ・アール(ITR)は2020年3月24日、国内のDaaS(Desktop as a Service)市場規模の推移と予測を発表した。2022年度のDaaS市場は2018年度の2倍に拡大する。働き方改革とテレワークの推進機運の高まりにより、市場は活性化している。

PAGE TOP