[新製品・サービス]

日立Sol、「秘文 Device Control」を強化、VPN接続時にインターネットブレイクアウトが可能に

2020年3月25日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは2020年3月24日、クライアントPCやサーバー機においてネットワークアクセスなどを制御できるソフトウェア「秘文 Device Control」を強化したと発表した。2020年4月28日から販売する。新版では、会社にVPN接続した状態で、特定のSaaSアプリケーションについてはVPNを介さず直接アクセスできるようにした。テレワーク時のアクセス負荷を軽減する。

 秘文 Device Controlは、デバイスの利用や接続先ネットワークの制御によって、機密情報の漏洩を防止するソフトウェアである(関連記事「秘文」がマルウェア対策を強化、EXE/DLLのホワイトリスト実行や侵入経路の分析が可能に)。

 管理対象となるエンドポイント(Windows機)に専用のエージェントソフトウェアを動作させて使う。管理サーバーの「秘文 Server」からマルウェアに感染したPCのエージェントに通知を出し、該当PCをネットワークから遮断する、といった運用ができる。

 今回の新版では、インターネットブレイクアウト機能を搭載した(図1)。これにより、テレワーク環境において、会社へのVPN接続を介したネットワークアクセスと、特定のSaaS型クラウドサービスへの直接接続を両立できる。

図1:秘文 Device Controlを用いた、エンドポイントでのインターネットブレイクアウトのイメージ(出典:日立ソリューションズ)図1:秘文 Device Controlを用いた、エンドポイントでのインターネットブレイクアウトのイメージ(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 直接接続の対象となるクラウドサービスは、Office 365など、あらかじめ設定済みの7つのクラウドサービスを、サービス単位で設定できる。これらのサーバー情報が変更になった場合も、自動で追従する。また、URL(FQDN)を指定することで、任意のサーバーを指定できる。

 選択できるクラウドサービスは、以下の通り。

  • Office 365(グループウェア)
  • Box(クラウドストレージ)
  • Dropbox(クラウドストレージ)
  • V-CUBEミーティング(ビデオ会議)
  • トレンドマイクロActiveUpdate(ウイルス対策の更新)
  • Windows Update(Windowsの更新)
  • マカフィーAutoUpdate(ウイルス対策の更新)

 背景には、テレワークにおいては、PCをVPN経由で社内LANに接続する運用が一般的になっているという状況がある。しかし、社内LANを介したインターネットアクセスは、ネットワーク機器や帯域などに負荷がかかる。ネットワークのレスポンスが低下し、業務に影響が出る。

 こうした経緯から、信頼できる特定のクラウドサービスについては、VPNを介さずに直接インターネットにアクセスできるようにした。

 価格(税別)は、パッケージ版(買取ライセンス)が1クライアントあたり1万円、サブスクリプション版(年間利用ライセンス)が1クラウアントあたり5000円。

関連キーワード

秘文 / 日立ソリューションズ / インターネットブレイクアウト

関連記事

Special

-PR-

日立Sol、「秘文 Device Control」を強化、VPN接続時にインターネットブレイクアウトが可能に日立ソリューションズは2020年3月24日、クライアントPCやサーバー機においてネットワークアクセスなどを制御できるソフトウェア「秘文 Device Control」を強化したと発表した。2020年4月28日から販売する。新版では、会社にVPN接続した状態で、特定のSaaSアプリケーションについてはVPNを介さず直接アクセスできるようにした。テレワーク時のアクセス負荷を軽減する。

PAGE TOP