[CIO INSIGHT]

ITインフラ統合を成功に導く6つの指針—仮想化技術の導入前に「アーキテクチャ・デザイン」を実施せよ

2009年1月28日(水)

Infrastructure Consolidation: 6 Tips for Success By Bob Violino 翻訳 : 古村 浩三 今号では、CIO INSIGHTから2本の記事を掲載する。1本はITコスト削減に向けた、ITインフラ統合に関する注意点。いきなりインフラ統合に向かうのではなく、その前にインフラの棚卸しとシステム全体のデザインが必要だと主張する。もう1本は、クラウドコンピューティングに大きく足を踏み入れた、ある米企業の事例。クラウドへの移行は、システムだけでなく、CIOの役割にも変革をもたらしつつある。 (本誌)

景気後退が深刻化する中、CIO(最高情報責任者)はIT投資コストをいかに抑制・削減するべきかを真剣に検討する必要がある。まず着手すべきところで言えば、サーバーやストレージを初めとしたIT機器・ITインフラの統合だろう。

景気後退が鮮明になる前の2007年8月に、米国の調査会社であるフォレスター・リサーチが行った調査では、企業のIT責任者の多くがサーバーやストレージ、あるいはデータセンター全体のインフラ統合を計画中、もしくは近い将来、統合を予定すると回答した。今となってはなおさら、多くの組織においてITインフラ統合の必然性は強まっている。統合にも当然、コストはかかるが、設置スペースや電力料金など確実にコストダウンを見込めるからだ。

しかしITインフラの統合は、「仮想化OSを活用してサーバー台数を減らせば済む」といった単純なものではない。きちんとステップを踏み、計画的に実施しなければ、本来得られたはずの効果が得られなくなる。そこでCIO INSIGHTは、CIOや専門家への取材をもとにITインフラ統合に向けた指針をまとめた。

  1. アプリケーションの現状を理解する
  2. システムの全体像を描く
  3. 仮想化でハードウェア数削減
  4. サーバーの前にストレージの統合を
  5. 仮想化以外の方法も検討する
  6. コスト削減以外の効果を見いだす

の6項目である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

ITインフラ統合を成功に導く6つの指針—仮想化技術の導入前に「アーキテクチャ・デザイン」を実施せよInfrastructure Consolidation: 6 Tips for Success By Bob Violino 翻訳 : 古村 浩三 今号では、CIO INSIGHTから2本の記事を掲載する。1本はITコスト削減に向けた、ITインフラ統合に関する注意点。いきなりインフラ統合に向かうのではなく、その前にインフラの棚卸しとシステム全体のデザインが必要だと主張する。もう1本は、クラウドコンピューティングに大きく足を踏み入れた、ある米企業の事例。クラウドへの移行は、システムだけでなく、CIOの役割にも変革をもたらしつつある。 (本誌)

PAGE TOP