[イベントレポート]

【RSA Conference 2010】仮想化とクラウドのセキュリティが焦点に 製品はGRC/可視化に注目集まる

RSA Conference 2010(2010年3月1日〜5日、米サンフランシスコ)

2010年3月31日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

仮想化とクラウドがセキュリティの新たな挑戦分野──。2010年3月1日に開催されたセキュリティの総合イベント「RSA Conference 2010」では、仮想化/クラウドの話題が中心となった。本号の米国カンファレンス現地レポートの2つ目として、同イベントの現地の模様を報告する。

[基調講演]
仮想化/クラウドは新たな挑戦

米RSA Security社長のアート・コビエロ氏
写真1 米RSA Security社長のアート・コビエロ氏。仮想環境/クラウドはセキュリティにとって新たな挑戦と位置付けた

 最初の基調講演の壇上に立ったのは、米EMCのエグゼクティブVPで米RSA Securityのプレジデントを務めるアート・コビエロ氏(写真1)。氏は、未成熟なセキュリティがクラウドのビジョンの完全な実現を妨げているとしたうえで、セキュリティにとってクラウドは、機会であるのと同時に大きな挑戦であるとした。

 クラウド環境では、これまでDB、サーバー、ネットワーク、エンドポイントなどに分かれていたバラバラのIT要素が1点に集まる。これらすべてを管理する新たな職能として、仮想環境管理者が必要になっているような状況だ。こうしたIT環境の変化を背景に、新たな挑戦が生まれるという。

 企業がこれから進んでいく仮想化とクラウドの旅を、コビエロ氏は4段階のステージで表現。まずは、非ミッションクリティカルなインフラを仮想化技術で統合する最初のステージである。さらに、クリティカルなアプリケーションを仮想化する第2ステージである。ここからは、セキュリティとコンプライアンスが重要となる。

 次に、システム負荷やポリシーに基づいてデータセンターの運用を自動化する第3段階に進む。この段階では、ガバナンスやリスク管理の立場に立った、より円熟した運用プロセスの確立が必須となる。最後の4番目のステージでは、パブリッククラウドを利用する。マルチテナントに対応し、個々の企業に固有のポリシーを満たせるプロバイダを選ぶことが大切になる。

 このほかの基調講演では、米CA、米IBM、米McAfee、米Microsoft、米PGP、米Qualys、米Symantec、米VeriSignといった著名なITベンダーのほか、セキュリティの専門家、アメリカ政府関係者、著名なジャーナリストなどが登場した。

[専門トラック]
仮想化関連トラックが目立つ

 専門トラック・セッションでは、全18種類のトラックに分かれて243ものセッションが開催された。全トラックを通じて、仮想化やクラウドコンピューティングに関連するセッションが目立った。

 例えばセッション「Better Security Through Virtualization?」(仮想化の、より良いセキュリティ)では、半導体チップなどのハードウエアを利用して仮想化スタックを監視/制御するというセキュリティの姿を示唆した。Cisco UCS(Unified Computing System)や仮想マシン制御技術のIntel TXT(Trusted eXecution Technology)などを利用する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

RSA / Intel / GRC / Oracle

関連記事

Special

-PR-

【RSA Conference 2010】仮想化とクラウドのセキュリティが焦点に 製品はGRC/可視化に注目集まる仮想化とクラウドがセキュリティの新たな挑戦分野──。2010年3月1日に開催されたセキュリティの総合イベント「RSA Conference 2010」では、仮想化/クラウドの話題が中心となった。本号の米国カンファレンス現地レポートの2つ目として、同イベントの現地の模様を報告する。

PAGE TOP