[市場動向]

「クラウド2.0」の幕開け

チョイス&カスタマイズで創る経営基盤

2011年11月1日(火)川上 潤司(IT Leaders編集部) 栗原 雅(IT Leaders編集部)

企業におけるクラウド活用は、単一の目的を達する「ターンキー」型にとどまるケースが多数派だ。だが、時代は急速に変わろうとしている。クラウド先進国の米国では、多種多様なクラウドイネーブラーが登場。“雲の上”で新時代を見据えたフォーメーションを組み始めている。ユーザーが「チョイス & カスタマイズ」で企業システムを具現化できる時代には、ビジネスとITの関係に照らした自身のデザイン力があらためて問われることになる。

関連記事

「クラウド2.0」の幕開け企業におけるクラウド活用は、単一の目的を達する「ターンキー」型にとどまるケースが多数派だ。だが、時代は急速に変わろうとしている。クラウド先進国の米国では、多種多様なクラウドイネーブラーが登場。“雲の上”で新時代を見据えたフォーメーションを組み始めている。ユーザーが「チョイス & カスタマイズ」で企業システムを具現化できる時代には、ビジネスとITの関係に照らした自身のデザイン力があらためて問われることになる。

PAGE TOP