[事例ニュース]

岸和田製鋼がコーディングレスの開発環境を使い電炉製鋼業務の基幹システムを刷新

2017年11月14日(火)IT Leaders編集部

大阪・岸和田市に本社を置く電炉による鉄鋼製品メーカーの岸和田製鋼は、基幹システムのレガシーモダナイゼーションを2年間かけて完遂したことを発表した。アトリスの協力により、同社のシステム開発環境「PEXA」を活用して約1年で開発、1年弱の運用で稼働初期の問題や積み残した課題をすべて解決した。

 岸和田製鋼の基幹システム「KCTS(KISI-CON Total System)」は、AS/400プラットフォーム上に開発された、電炉製鋼というコア業務を遂行するためのシステム。財務会計に営業管理、生産管理、品質管理、原材料管理、在庫管理、入出庫管理、購買管理といったサブシステムで構成されていた。

 30年以上前に開発されたものだけに、度重なる改修によるサブシステムの重複や複雑化、運用コストの高騰、データベースの分断による各システム間のデータ連携の非効率化、バッチ処理によるタイムリー性の欠如、AS/400エンジニアの高齢化といった課題が持ち上がっていた。

 これらの課題解決と製鋼品メーカーを取り巻く環境の変化に対応するため、基幹システムのモダナイゼーションを決断、アトリスをパートナーに同社のPEXAを活用した新システム開発に取り組むことにした。2015年7月から要件ヒアリングを開始し、同年12月に開発に着手した。

 PEXAは、ビジネスシステムに特化したの業務分析手法である「PEXA Methodology」に基づいた手順で行うことで生成した「SVOステートメント」というドキュメントを、独自のPEXAエンジンが解釈して実行プログラムを生成する、コーディングレスの開発環境。OSSを基本とした基盤の上で動作可能なアプリケーションが開発できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連記事

岸和田製鋼がコーディングレスの開発環境を使い電炉製鋼業務の基幹システムを刷新大阪・岸和田市に本社を置く電炉による鉄鋼製品メーカーの岸和田製鋼は、基幹システムのレガシーモダナイゼーションを2年間かけて完遂したことを発表した。アトリスの協力により、同社のシステム開発環境「PEXA」を活用して約1年で開発、1年弱の運用で稼働初期の問題や積み残した課題をすべて解決した。

PAGE TOP