[新製品・サービス]

CTC、IoTで建設工事のモデルを自動生成するソフトを発表

2018年2月27日(火)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年2月26日、建設工事で使う3次元モデルをIoT技術で自動生成して工事工程を可視化するソフトウェア製品群「C-シリーズ」を発表した。施工管理などの生産性を改善できる。販売目標は、総合建設業者や建設コンサルタント、ファシリティマネジメント業者を中心に、1年間で約200社。

 C-シリーズは、各種の工事工程で計測センサーや重機などから得た情報を基に、建設工事で使う3次元モデルを自動生成するソフトウェア群である。IoT技術を活用して、データの収集とモデルの生成を自動化している。

 従来は、現場の作業員の感覚や経験、目視や手入力に頼る部分が大きかったが、C-シリーズでは、リアルタイムに状況を可視化し、関係者間でスムーズに情報を連携できるようになる。

 建設工事の設計図書の照査、施工、出来形管理、検査などの過程で、作業を省力化する。これにより、生産性が向上する。各種の計測情報を利用して自動的にモデルを生成することから、入力ミスやデータの改ざんの防止にもつながる。

 4つのソフトを提供する。シールド工事向けの「C-Shield」、地盤改良工事向けの「C-Grout」、盛土工事向けの「C-土工」、浚渫工事向けの「C-浚渫」。C-Shieldは2017年11月に提供を開始しており、C-浚渫、C-土工、C-Groutは2018年4月から順次提供を開始する。

 C-Shiledでは、シールドマシンとセグメントの現在地のほか、埋設物や重要構造物下のコントロールポイントなどを3Dモデル上で確認できる。

 C-Groutでは、地層の境界部分や地中の障害物、地盤改良工事の進ちょく情報をリアルタイムに見える化し、施工の透明化を図る。地面の変位をコンター/ベクトルモデルで可視化することも可能である。

 C-土工では、転圧管理システムと連携して転圧状況の3次元モデルを作成できる。

 C-浚渫では、浚渫船からの情報を基に、海底の掘削状況をリアルタイムで可視化できる。グラブ式やバケット式などの浚渫船のタイプにより、カスタマイズで提供する。

関連記事

Special

-PR-

CTC、IoTで建設工事のモデルを自動生成するソフトを発表伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年2月26日、建設工事で使う3次元モデルをIoT技術で自動生成して工事工程を可視化するソフトウェア製品群「C-シリーズ」を発表した。施工管理などの生産性を改善できる。販売目標は、総合建設業者や建設コンサルタント、ファシリティマネジメント業者を中心に、1年間で約200社。

PAGE TOP