[新製品・サービス]

日立システムズ、設備のメーターをIPカメラで読み取って数値化するサービス

2018年3月30日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立システムズは2018年3月30日、工場やビルなどにある設備のメーターからメーターの画像と数値を自動で取得する「カメラ利用型メーター自動読み取りサービス」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は、初期費用が25万円からで、利用料がメーター1個あたり月額500円から。

図1●「カメラ利用型メーター自動読み取りサービス」で利用できるネットワークカメラの例(出所:日立システムズ)図1●「カメラ利用型メーター自動読み取りサービス」で利用できるネットワークカメラの例(出所:日立システムズ)
拡大画像表示

 カメラ利用型メーター自動読み取りサービスは、メーターの画像と数値データをネットワークカメラを用いて自動で収集するサービスである。工場やビルに設置した生産設備や分電盤、配管などのアナログメーターやデジタルメーター、電力計などの各種メーターを撮影し、画像解析を行い、数値データに変換する。

 メーターをカメラで撮影して数値化するという手法により、作業員が現場で目視点検をしなくても、各設備のメーター情報を把握できるようになる。これまで作業員が2時間に1回巡回して目視確認していた点検業務を、10分に1度などの短い間隔で、人手をかけずに実施できるようになる。

 万一、取得した数値に特異値が検出された場合は、実際に撮影した画像データを目視によって確認することで、数値の妥当性を確認することもできる。

 特徴は、市販のネットワークカメラの中から、設備への後付け設置が可能なものを利用することである。設備の稼働を停止することなく取り付けることができるほか、専用のセンサーを利用する場合と比べて初期導入費用を抑えることができる。

 背景には、設備のメーターが表示する情報を取得するためには、機器の設置などのために設備の停止や改修が必要になるほか、高額な導入コストなどが障壁となっていたという状況がある。

仕様
カメラ1台で読めるメーター台数 6台(実績、同種類のメーターに限って複数台の認識が可能)
メーターとカメラの距離 10~30センチメートル
撮影間隔 10秒~10分(実績)
接続台数やカメラにより異なる
設定ツールの拡張機能 設定中のズーム機能
ずれ補正(マーカー貼付による)
複数針対応
複数目盛り領域対応
関連記事

日立システムズ、設備のメーターをIPカメラで読み取って数値化するサービス日立システムズは2018年3月30日、工場やビルなどにある設備のメーターからメーターの画像と数値を自動で取得する「カメラ利用型メーター自動読み取りサービス」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は、初期費用が25万円からで、利用料がメーター1個あたり月額500円から。

PAGE TOP