[事例ニュース]

港区役所が音声認識による議事録作成ソフトを導入、アドバンスト・メディアのAmiVoiceを利用

2018年6月5日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アドバンスト・メディアは2018年6月5日、東京都港区役所が、音声認識によって議事録の作成を支援するソフト「AmiVoice議事録作成支援システム」を採用したと発表した。議事録作成の効率化と経費の削減を図る。2018年5月かた運用を開始している。

写真1●東京都港区役所のイメージ(出所:アドバンスト・メディア)写真1●東京都港区役所のイメージ(出所:アドバンスト・メディア)
拡大画像表示

 東京都港区は今回、議事録の作成を音声認識によって支援するソフトであるAmiVoice議事録作成支援システムを導入した。話した内容をリアルタイムに文字化することができるほか、ICレコーダーなどで収録した音声を文字化する使い方もできる。

 自治体向けの音声認識エンジン(120以上の自治体への導入実績をもとに開発)に、新たに東京都港区の議事録データを学習させた専用の音声認識エンジンを使っている。ディープラーニング(深層学習)によって、話し言葉であっても高い認識率を誇るとしている。

画面1●AmiVoice Rewriterの画面(出所:アドバンスト・メディア)画面1●AmiVoice Rewriterの画面(出所:アドバンスト・メディア)
拡大画像表示

 専用の編集ソフト「AmiVoice Rewriter」を使って、音声を聞きながら誤認識部分を修正・編集できる。従来の文字起こし作業と比べて2~3倍の早さでテキスト化が行えるとしている。

関連キーワード

ディープラーニング

関連記事

港区役所が音声認識による議事録作成ソフトを導入、アドバンスト・メディアのAmiVoiceを利用アドバンスト・メディアは2018年6月5日、東京都港区役所が、音声認識によって議事録の作成を支援するソフト「AmiVoice議事録作成支援システム」を採用したと発表した。議事録作成の効率化と経費の削減を図る。2018年5月かた運用を開始している。

PAGE TOP