[新製品・サービス]

NTT Com、GCPを活用したデータ分析基盤サービスを提供

2018年6月21日(木)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2018年6月20日、クラウドサービスを活用したデータ分析基盤サービスを発表、同日提供を開始した。NTT Comのクラウドサービスおよびデータセンターサービスと、Google Cloud Platform(GCP)のデータ分析機能を組み合わせて提供する。

 NTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」(ECL)、NTT Comのデータセンターサービス「Nexcenter」、米Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(GCP)を組み合わせて提供する。GCPとの接続は、標準で最大1Gビット/秒で専用線接続する。10Gビット/秒で接続するメニューも提供する。

図1●Google Cloud Platform(GCP)のデータ分析機能を活用する(出所:NTTコミュニケーションズ)図1●Google Cloud Platform(GCP)のデータ分析機能を活用する(出所:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 用途はデータ分析であり、GCPが提供するデータ分析機能を活用する。ユーザーはまず、重要なデータをECLやNexcenterに蓄積する。この上で、GCPで分析させたいデータだけをGCPに持っていき、GCPが備える機械学習などのデータ分析機能を活用する。GCPに持っていくデータについては、ETL(抽出/加工/登録)ソフトを使って加工や秘匿化を実施する。

 データ分析に加えて、GCPが備えるログ分析機能「Enterprise Cloud Monitoring Logs」も利用する。これにより、ECLで運用するシステムのサーバーログをGCPで可視化/分析できるようになる。

 今回のデータ分析基盤サービスが想定する用途の1つに、製造ラインの品質改善がある。工場の製造ラインの機器情報を取得して、異常を即時に検知したり、異常を予測したりできる。また、デジタルマーケティングに活用し、売上データや顧客の行動データを取得、蓄積、分析する使い方ができる。

関連記事

NTT Com、GCPを活用したデータ分析基盤サービスを提供NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2018年6月20日、クラウドサービスを活用したデータ分析基盤サービスを発表、同日提供を開始した。NTT Comのクラウドサービスおよびデータセンターサービスと、Google Cloud Platform(GCP)のデータ分析機能を組み合わせて提供する。

PAGE TOP