[事例ニュース]

J:COM、全国の入金業務にRPAを適用、年間3000万円の削減を見込む

2018年9月28日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ジュピターテレコム(J:COM)は、RPA(ロボットによる業務自動化)の業務適用の第2弾として、2018年9月から「入金業務」でも適用を開始した。RPAソフト「ナイス・デスクトップオートメーション(NICE Desktop Automation)」(開発会社はイスラエルNICE Systems)を受注したアイティフォー(ITFOR)が2018年9月28日に発表した。

 J:COMは、ユーザーの手続きを行うオペレーションセンターの業務を省力化するため、RPAソフトを導入している。2018年3月には第1弾として、「モバイルサービス(MVNO)申込業務」にRPAを適用し、効果を得た。今回、第2弾として「入金業務」に適用した。

 第1弾のMVNO申込業務への適用は、まず関東地区で導入し、オペレーターの1件あたりの作業時間を11分から3分半へと約70%削減した。この効果を受けて、2018年3月に全拠点で本番稼働させた。年間で約1800万円のコストを削減を見込んでいいる。

 作業時間を削減することによって、トレーニング、面談、他業務の改善活動など、より付加価値の高い業務に多くの時間を配分できるようになった。さらに、RPAによる自動化によって入力精度が向上した。

 第2弾の入金業務への適用は、2018年9月から全国で開始した。顧客から銀行に振り込まれた内容を確認したり、システムに登録したりする業務である。RPAの適用によって、50%の業務時間短縮、年間約3000万円のコスト削減を見込んでいる。

関連記事

Special

-PR-

J:COM、全国の入金業務にRPAを適用、年間3000万円の削減を見込むジュピターテレコム(J:COM)は、RPA(ロボットによる業務自動化)の業務適用の第2弾として、2018年9月から「入金業務」でも適用を開始した。RPAソフト「ナイス・デスクトップオートメーション(NICE Desktop Automation)」(開発会社はイスラエルNICE Systems)を受注したアイティフォー(ITFOR)が2018年9月28日に発表した。

PAGE TOP