[新製品・サービス]

富士通、カードレスで使える新型ATM(現金自動預け払い機)を販売、イオン銀行が導入

2018年10月25日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通と富士通フロンテックは2018年10月25日、ATM(現金自動預け払い機)の新製品「FACT-V X180NS」を発表、同日提供を開始した。特徴は、手ぶら取引などの機能拡張が可能なことと、現行機種と比べて省スペース化を図ったことである。価格はオープンで、販売目標は今後3年間で5000台。2018年10月31日から、イオン銀行など全国約50店舗で順次本製品の運用を開始する。

写真1:FACT-V X180NSの外観写真1:FACT-V X180NSの外観

 FACT-V X180NSは、ATM(現金自動預け払い機)の新機種である。最大の特徴は、カードレスでATMを使えることである。オプションでNFC機能を使えるほか、今後、手のひら静脈認証装置を使えるようにする。これらによって、利用者は、カードを使わずに暗証番号を入力するだけでATMを利用できるようになる。

 省スペース化も図った。設置面積は、現行のフル機能搭載モデル「FACT-V X200」と比べて48%少ない。流通店舗などの狭いスペースにも設置できるようにした。また、カードや紙幣を取り忘れた際にアラーム音で注意喚起する機能を搭載し、警備会社の出動要請を軽減している。

 導入事例として、2018年10月31日から、イオン銀行や、イオングループのまいばすけっとが運営する食品スーパー「まいばすけっと」ほか、全国約50店舗で順次本製品の運用を開始する。

 イオン銀行の事例では、利用者は、あらかじめNFC機能が使えるAndroidスマートフォンに専用アプリ「スマッとATM」をダウンロードした上で、希望の取引を選択し、金額を入力してからATMを利用する。アプリ上での操作を終えたスマートフォンをATMにかざして暗証番号を入力するだけで取引が完了する。

関連記事

Special

-PR-

富士通、カードレスで使える新型ATM(現金自動預け払い機)を販売、イオン銀行が導入富士通と富士通フロンテックは2018年10月25日、ATM(現金自動預け払い機)の新製品「FACT-V X180NS」を発表、同日提供を開始した。特徴は、手ぶら取引などの機能拡張が可能なことと、現行機種と比べて省スペース化を図ったことである。価格はオープンで、販売目標は今後3年間で5000台。2018年10月31日から、イオン銀行など全国約50店舗で順次本製品の運用を開始する。

PAGE TOP