アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

メモリーテック、映像などのメディア資産をS3互換ストレージで保存・管理するシステム

2018年11月13日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

メモリーテックは2018年11月13日、ファイルの一元管理機能を備え、MAM(メディア資産管理)分野に利用できるシステム製品「カレイダ アーク」を発表、同日提供を開始した。従来製品と比べた強化点として、Amazon S3やAzureなどのオブジェクトストレージにファイルデータを保管できるようにした。

 カレイダ アークは、映像、音楽、写真、デザインデータなどの各種ファイルを一元管理するためのシステム製品である。特徴は、オンプレミスでの運用が中心だった従来製品と比べ、各種クラウドストレージにデータを保存できるようにしたことである。Amazon S3とMicrosoft Azureのストレージにデータを保存できる。

図1:カレイダ アークのタイムラインメタ検索画面(出典:クラウディアン)図1:カレイダ アークのタイムラインメタ検索画面(出典:クラウディアン)
拡大画像表示

 従来、メディア資産の管理保存にはLTOテープを使うことが多かった。このため、過去のアーカイブ映像や画像ファイルを探すために、人手や時間がかかっていた。さらに、アーカイブ資産の量が増えると、保管スペースの確保と維持に苦労していた。

写真1:CLOUDIAN HYPERSTOREの外観写真1:CLOUDIAN HYPERSTOREの外観
拡大画像表示

 Amazon S3互換ストレージも、Amazon S3同様に外部ストレージとして利用できる。Amazon S3互換ストレージ「CLOUDIAN HYPERSTORE」を開発・販売するクラウディアンとメモリーテックは、カレイダ アークの販売開始に合わせて、互いの製品の相互接続性を公式に認定している。

 CLOUDIAN HYPERSTOREは、オンプレミス環境や任意のクラウド環境にインストールすることで、Amazon S3互換APIでデータにアクセス可能なストレージを構築できるSDS(ソフトウェア定義型ストレージ)ソフトである。同ソフトをプリインストールしたアプライアンスも提供している。

 SDSのCLOUDIAN HYPERSTOREは、汎用PCサーバー3台の最小構成からスモールスタートが可能で、数ペタバイトを超える規模まで容易に容量を拡張できる。今後どの程度まで増加するかの想定が難しい4kや8kなどの高精細映像資産の管理保存においても、ストレージ容量を必要性に応じて段階的に増やせる。

 データ保護機能として、複数のデータセンター間でデータを複製したり、データを分散して保存したりできる。この機能によって、メディア資産の複製テープを倉庫に人手で運搬して保管するといった手間が不要になる。

関連キーワード

Amazon S3 / メモリーテック

関連記事

Special

-PR-

メモリーテック、映像などのメディア資産をS3互換ストレージで保存・管理するシステムメモリーテックは2018年11月13日、ファイルの一元管理機能を備え、MAM(メディア資産管理)分野に利用できるシステム製品「カレイダ アーク」を発表、同日提供を開始した。従来製品と比べた強化点として、Amazon S3やAzureなどのオブジェクトストレージにファイルデータを保管できるようにした。

PAGE TOP