[新製品・サービス]

はてな、サーバー監視ツール「Mackerel」を強化、機械学習で監視ルールの設定を容易に

2019年3月1日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

はてなは2019年3月1日、SaaS型のサーバー監視サービス「Mackerel(マカレル)」を強化し、同日付けで新機能「ロール内異常検知」をベータリリースしたと発表した。マシンラーニング(機械学習)によって監視ルールの設定を簡素化する。有償プラン(StandardおよびTrial)で利用できる。2019年5月の正式リリースを予定している。

 はてなのMackerelは、SaaS型で提供するサーバー監視サービスである。ハードウェアやソフトウェアの性能をリアルタイムに監視できる。専用のエージェントをインストールしたサーバー機(Windows、Linux)を監視する。プラグインにより、サーバーを仲介してネットワーク機器などをSNMP(Simple Network Management Protocol)で監視することもできる。

 監視ルールは、システム管理者が自由に設定することが可能だ。CPUやメモリーの使用率、ロードアベレージといった標準的なメトリックに加え、JVMやAWS RDS、ELBの状況など、カスタマイズしたメトリックも監視できる。監視対象は、サーバー機群を「データベースサーバー」などのサービス用途/役割(ロール)別にまとめて指定できる。

 監視ルールには「Warning」(警告)と「Critical」(クリティカル)の2種類のしきい値を設定できる。このしきい値を超えるとアラートを発生する。アラートはWebサイトで一覧・操作できるほか、さまざまなチャネルに通知することも可能。発生した個々のアラートにつき、時刻による状況の変化をWebで可視化する(図1)。

図1:リソース状況がしきい値を超えるとアラートが出る。アラートはWeb画面で一覧・操作できるほか、各種のチャネルで通知できる。発生した個々のアラートごとに時刻による状況の変化を可視化できる(出典:はてな)図1:リソース状況がしきい値を超えるとアラートが出る。アラートはWeb画面で一覧・操作できるほか、各種のチャネルで通知できる。発生した個々のアラートごとに時刻による状況の変化を可視化できる(出典:はてな)
拡大画像表示

 今回、ロール内異常検知と呼ぶ新機能をベータリリースした。機械学習を用いた機能であり、同機能を使うと個別のサーバー機に対して監視ルールを細かく設定したり、監視ルールをメンテナンスしたりしなくてもよくなる。異常を検知したいロールとしきい値を入力するだけで、簡単にサーバーを監視できるようになる。

 背景には、精度の高い監視ルールの設定には、専門的な知識や経験が必要になるほか、変化に合わせてメンテナンスが必要という状況がある。サーバー監視では、監視しているサービスにおいて、どのような状態を「異常」とするかを定義し、監視ルールを適切に設定することが重要になる。ロール内異常検知では、機械学習によって、これらを簡素化する。

 Mackerelの価格(税別)は、有償プランの「Standard」の場合、監視対象サーバー1台あたり月額1800円。はてなは、この他のプランとして、フル機能を2週間無料で試せる「Trial」プランや、監視対象メトリック数や機能を絞った無料版の「Free」プランも用意している。

関連キーワード

システム監視 / はてな / SNMP / マシンラーニング

関連記事

Special

-PR-

はてな、サーバー監視ツール「Mackerel」を強化、機械学習で監視ルールの設定を容易にはてなは2019年3月1日、SaaS型のサーバー監視サービス「Mackerel(マカレル)」を強化し、同日付けで新機能「ロール内異常検知」をベータリリースしたと発表した。マシンラーニング(機械学習)によって監視ルールの設定を簡素化する。有償プラン(StandardおよびTrial)で利用できる。2019年5月の正式リリースを予定している。

PAGE TOP