[新製品・サービス]

ネクスウェイ、DM発送サービスで不達住所の情報を提供、配送不能を抑止

2019年3月4日(月)IT Leaders編集部

TISインテックグループのネクスウェイは2019年3月1日、郵送でのダイレクトメール(DM)を、宛名印字・印刷から発送までWebから一括注文できるサービス「NEXLINK オンデマンド便サービス」の拡充を発表した。新たに、不達情報をDM発送前に宛先リスト上でクリーニングできる「不達フィルタリング機能」を追加した。

 NEXLINK オンデマンド便サービスは、郵送でのダイレクトメール(DM)を、宛名印字・印刷から発送までWebから一括注文できるサービスである。今回追加した不達フィルタリング機能では、サービス内に蓄積した不達住所の情報をユーザーに開放し、DM発送前に不達住所を把握できるようにする(図1)。発送コストを必要な金額に留めることができる。

図1:NEXLINK オンデマンド便サービスに追加した不達フィルタリング機能の概要(出典:ネクスウェイ)図1:NEXLINK オンデマンド便サービスに追加した不達フィルタリング機能の概要(出典:ネクスウェイ)
拡大画像表示

 標準/強/OFFといったフィルタリング強度を、ユーザーが設定・適用できる。例えば、住所と会社名の両方がデータベースに合致した場合に配信をやめる設定や、住所と会社名のいずれかがデータベースに合致しただけで配信をやめる設定などができる。

 半年~1年で、不達情報のクリーニングを実施する。これにより、不達住所に新たな会社が入居した場合などに対応する。NEXLINK オンデマンド便サービスは、月に数千~数十万のDM発送実績がある。これを活かし、2018年冬からDB内に不達住所データを蓄積している。現在、約2万5000件におよぶ不達住所データを保有している。

 なお、「○丁目△番地」表記のリストと、「○-△」表記のリストを統合し、必要外に不達データを抽出してしまう現象を防止している。

関連キーワード

ネクスウェイ / 運輸

関連記事

Special

-PR-

ネクスウェイ、DM発送サービスで不達住所の情報を提供、配送不能を抑止TISインテックグループのネクスウェイは2019年3月1日、郵送でのダイレクトメール(DM)を、宛名印字・印刷から発送までWebから一括注文できるサービス「NEXLINK オンデマンド便サービス」の拡充を発表した。新たに、不達情報をDM発送前に宛先リスト上でクリーニングできる「不達フィルタリング機能」を追加した。

PAGE TOP