[新製品・サービス]

TED、IoTシステム構築キットを提供、センサーデータ収集からAzure上での可視化までをパック化

2019年4月8日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東京エレクトロンデバイス(TED)は2019年4月8日、920MHz帯無線を利用したIoTシステムにおいて、センサーデータの収集から可視化までのサービスをパッケージ化したIoTシステム構築キット「Azure IoTキット-920」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は19万8000円。

 Azure IoTキット-920は、センサーデータの収集から可視化までのサービスをパッケージ化したIoTシステム構築キットである(図1)。沖電気工業(OKI)の920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」と、ぷらっとホームのIoTゲートウェイ機器を組み合わせ、センサーデータをAzureに送信して可視化する。

図1:Azure IoTキット-920の概要(出典:東京エレクトロンデバイス)図1:Azure IoTキット-920の概要(出典:東京エレクトロンデバイス)
拡大画像表示

 マルチセンサーユニットは、温度、湿度、3軸加速度、人感データを取得できる。マルチホップ無線のSmartHopを利用し、IoTゲートウェイ経由でAzureに送信する。Azure側では、IoT Hubに送られたデータをPower BIでリアルタイムに可視化する。

 キットでは、マルチセンサー情報の収集、Azureへの送信、データ蓄積、可視化までの構築手順書を提供する。IoTシステムの構築初心者でも簡単に実現できるとしている。Azureの利用料金2万円分も含まれているため、IoTシステムの検証に向く。Azureハンズオントレーニングの受講券も付く(記事末の表1)。

 構成要素の1つ、SmartHopは、IoTで広く用いられている920MHz帯の無線に、OKIの無線マルチホップ技術を採用した通信方式である。広域をカバーするセンサーネットワークを構築できる。工場の設備やオフィスビルの空調などの稼働状況の可視化や、スマート農業分野での環境データ管理などに向いている。

 IoTゲートウェイ機器として利用するOpenBlocks IoT VX2 LTE(ドコモ/KDDI)搭載モデルは、エッジコンピューティング用途で利用できる小型コンピュータである。遠隔地から複数のIoTゲートウェイを一括管理できることから、IoTシステムの構築に向いている。

表1:Azure IoTキット-920の構成要素
品名 内容 個数
マルチセンサーユニット アドバリーシステムのATM-MH920P(SmartHop搭載) 1
SmartHop無線ユニット OKI 920MHz帯無線ユニット(親機) RS485タイプ 1
OKI 920MHz帯無線ユニット スリーブアンテナ 1
OKI 920MHz帯無線ユニット ACアダプタ 1
IoTゲートウェイ ぷらっとホーム OpenBlocks IoT VX2 LTE(ドコモ/KDDI)搭載モデル 1
Azure利用料金 2万円分(利用期限:購入月の翌月末まで)  
サンプルクエリ Azure Stream Analytics用サンプルクエリ  
構築手順書 マルチセンサー情報のAzure環境での可視化までの手順書  
参考資料 ハンズオン・トレーニング資料  
クラウドサービス申込書 Azureアカウント登録申し込み書  
関連キーワード

東京エレクトロンデバイス / 沖電気工業 / ぷらっとホーム

関連記事

Special

-PR-

TED、IoTシステム構築キットを提供、センサーデータ収集からAzure上での可視化までをパック化東京エレクトロンデバイス(TED)は2019年4月8日、920MHz帯無線を利用したIoTシステムにおいて、センサーデータの収集から可視化までのサービスをパッケージ化したIoTシステム構築キット「Azure IoTキット-920」を発表、同日販売を開始した。価格(税別)は19万8000円。

PAGE TOP