[市場動向]

RPA×AI-OCR分野でRPAテクノロジーズとAI insideが業務提携

2019年8月2日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

RPAテクノロジーズとAI insideの2社は2019年8月1日、RPA(ロボットによる業務自動化)とAI-OCR(光学文字読み取り)分野で業務提携したと発表した。RPAテクノロジーズのRPAソフト「BizRobo!」と、AI insideのAI-OCRソフト「DX Suite」をスムーズに連携できるようにした。

 RPAテクノロジーズとAI insideがRPA×AI-OCR分野で業務提携した(図1)。具体的には、RPAソフト「BizRobo!」でいくつかの項目を設定するだけで、AI-OCRソフト「DX Suite」と連携したRPA処理を作成できるようにした。これまでよりも簡単にAI-OCRの処理を自動化できるようになった。

画面1:RPAソフトのBizRobo!を使ってAI-OCRソフトのDX Suiteを操作している画面(出典:RPAテクノロジーズ)画面1:RPAソフトのBizRobo!を使ってAI-OCRソフトのDX Suiteを操作している画面(出典:RPAテクノロジーズ)
拡大画像表示

 OCRとは、手書き文字や印刷したPDFなどの文字をイメージスキャナやデジタルカメラによって読み取り、コンピュータが処理できるデジタルの文字コードに変換する技術である。AI-OCRでは、AIを活用した画像認識によって手書き文字の識字率などを高めている。

 RPAとAI-OCRを組み合わせることで、手書き書類をスキャンしてデータ化し、これを業務システムにデータ入力する、といった処理を自動化できる。各種申込書類やアンケート、医療機関での問診票など、様々な手書き書類の読み取りができるとしている。

関連キーワード

OCR

関連記事

Special

-PR-

RPA×AI-OCR分野でRPAテクノロジーズとAI insideが業務提携RPAテクノロジーズとAI insideの2社は2019年8月1日、RPA(ロボットによる業務自動化)とAI-OCR(光学文字読み取り)分野で業務提携したと発表した。RPAテクノロジーズのRPAソフト「BizRobo!」と、AI insideのAI-OCRソフト「DX Suite」をスムーズに連携できるようにした。

PAGE TOP