[市場動向]

「デジタル変革企業へと転身、2022年度はDX事業で3000億円の売上を目指す」、富士通が会見

2019年9月26日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2019年9月26日、会見を開き、経営方針を説明した。企業のデジタル変革(DX)を支援するサービスに注力し、DX領域で2022年度に連結3000億円の売上を目指す。2019年1月にはDX事業を牽引するコンサルティング深新会社を設立する。

写真1:富士通で代表取締役社長を務める時田隆仁氏写真1:富士通で代表取締役社長を務める時田隆仁氏
拡大画像表示

 富士通 代表取締役社長の時田隆仁氏(写真1)は、富士通の今後の成長を牽引する事業領域として、デジタルトランスフォーメーション(DX)と、既存ITシステムのモダナイズ(近代化)の2つを掲げる。

 これらを合わせた“デジタル領域”市場の拡大を受け、注力する。特に、DX事業については、今後5年間で5000億円を投資する。一方、市場が縮小する伝統型ITについては、シェアの拡大によって事業規模を維持する。

 2020年1月には、DXビジネスを牽引するコンサルティング新会社を設立する(図1)。DXが進んでいる金融・製造・流通業界を最初のターゲットとして定める。業務にあたるコンサルタントは、富士通の営業担当者やSE(システムエンジニア)、外部人材などから調達し、500人規模でスタートする。2022年度には、2000人体制とする。

図1:2020年1月に、DXビジネスを牽引するコンサルティング新会社を設立する(出典:富士通)図1:2020年1月に、DXビジネスを牽引するコンサルティング新会社を設立する(出典:富士通)
拡大画像表示

●Next:2022年の売上目標や社内改革

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

富士通 / デジタルトランスフォーメーション / CEO

関連記事

Special

-PR-

「デジタル変革企業へと転身、2022年度はDX事業で3000億円の売上を目指す」、富士通が会見富士通は2019年9月26日、会見を開き、経営方針を説明した。企業のデジタル変革(DX)を支援するサービスに注力し、DX領域で2022年度に連結3000億円の売上を目指す。2019年1月にはDX事業を牽引するコンサルティング深新会社を設立する。

PAGE TOP