[新製品・サービス]

富士通、ストレージ「ETERNUS」のミッドレンジモデルを刷新、最大約30%の性能改善

2019年11月5日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2019年11月5日、外部ストレージ「FUJITSU Storage ETERNUS」のラインアップを拡充した。ミッドレンジモデルの新機種として、オールSSD構成「ETERNUS AF」シリーズ3機種と、SSD/HDDハイブリッド構成の「ETERNUS DX」シリーズの6機種の、合わせて9機種の販売を開始した。いずれも2020年初旬に出荷する。

 ETERNUSは、富士通が販売する外部ストレージ製品である。今回、ミッドレンジモデルを刷新した。性能の強化などを図った。さらに、新たに2機種を追加したことで、刷新後のラインアップは全9機種となった(写真1、記事末の表1)。オールSSD構成のETERNUS AFシリーズ3機種と、SSD/HDDハイブリッド構成のETERNUS DXシリーズ6機種である。

写真1:今回新たに追加した2機種の外観。「ETERNUS AF150 S3」(左)と「ETERNUS DX900 S5」(右)写真1:今回新たに追加した2機種の外観。「ETERNUS AF150 S3」(左)と「ETERNUS DX900 S5」(右)

 まず、性能を高めた。ハードウェアの強化によって、最大で約30%の性能改善を図った。また、最大で約2倍のメモリーを搭載できるようにした。

 さらに、これまで最上位機種に限って搭載していた専用ハードウェアによるデータ削減アシスト機能を、新たに中位以下の機種に搭載した。データ削減アシスト機能により、SSDにおいてデータ削減処理の際に生じる性能の劣化を最小限に抑えつつ、容量コストを最大で約4分の1まで削減できるとしている。

 また、HDD主体のストレージシステムでデータの読み込みを高速化するキャッシュ機構も強化した。最上位機種に限って搭載していたNVMe方式のSSDを中位機種にも採用した。NVMe SSDを2次キャッシュとして使うことにより、データ読み込みを高速化する。

 今回新たに追加した機種「ETERNUS DX900 S5」では、中位機としては初めて、コントローラを最大で4台まで拡張できる機構を採用した。データセンターなどの高負荷な環境において性能の増強が可能となった。また、コントローラを拡張し、冗長構成とすることで、ストレージシステムの高可用性も実現できる。

 今回新たに追加したもう1つの機種「ETERNUS AF150 S3」は、オールフラッシュ構成のエントリー機種である。データベースサーバーや基幹業務システム、仮想化基盤などに適するとしている。前機種「ETERNUS AF250 S2」と同等の性能ながら約30%の低価格化を図っている。

 長期的な製品供給やデータ削減率などを保証する「Fujitsu Storage ETERNUSギャランティ プログラム」も用意した。クラスター構成時にシステム停止が発生した場合にライセンス料を返金する「業務継続性保証」や、「SSD無償交換」、「データ削減率保証」など5つのメニューを用意した。同プログラムは、日本国内で2019年内に提供を開始する。

表1:ETERNUSミッドレンジモデル新ラインアップの価格と出荷時期(出典:富士通)
製品名 最小構成時の価格(税別) 出荷開始時期
ETERNUS AF150 S3 297万6000円から 2020年初旬
ETERNUS AF250 S3 401万6000円から
ETERNUS AF650 S3 3256万5000円から
ETERNUS DX60 S5 88万1000円から
ETERNUS DX100 S5 209万6000円から
ETERNUS DX200 S5 551万8000円から
ETERNUS DX500 S5 1375万3000円から
ETERNUS DX600 S5 1973万5000円から
ETERNUS DX900 S5 3802万5000円から
関連記事

Special

-PR-

富士通、ストレージ「ETERNUS」のミッドレンジモデルを刷新、最大約30%の性能改善富士通は2019年11月5日、外部ストレージ「FUJITSU Storage ETERNUS」のラインアップを拡充した。ミッドレンジモデルの新機種として、オールSSD構成「ETERNUS AF」シリーズ3機種と、SSD/HDDハイブリッド構成の「ETERNUS DX」シリーズの6機種の、合わせて9機種の販売を開始した。いずれも2020年初旬に出荷する。

PAGE TOP