[イベントレポート]

マルチクラウド基盤、統合アナリティクス、フルRPA─姿を見せた次期Azureサービス群

Microsoft Envision The Tour Tokyo

2019年12月9日(月)杉田 悟(IT Leaders編集部)

2019年11月に米国フロリダで開催した米マイクロソフトの技術コンファレンス「Microsoft Ignite」。この場でMicrosoft Azure周辺の最新テクノロジーが複数披露されて注目を集めている。マイクロソフト日本法人は同年12月5日に開催したプライベートコンファレンス「Microsoft Envision The Tour Tokyo」のセッションに、本社コーポレートバイスプレジデント クラウドビジネス担当の沼本健氏が登壇。Ignite発表内容からのハイライトを紹介した。

 Microsoft Igniteは、2万6000人を超えるIT担当者や意思決定者、開発者などが集うプライベートコンファレンス。今回、同コンファレンスの日本版に相当するMicrosoft Envision The Tour 東京の開催に合わせて、本社クラウドビジネス担当の沼本氏が来日。Igniteで発表された数々の技術、サービスの中からMicrosoft Azure関連のハイライトを紹介した。同氏は「ハイブリッドクラウド」「アナリティクス」「RPA」「チャットボット」の4テーマに分けて説明した(写真1)。

図1:Igniteの発表からAzure関連の4つのハイライトが紹介された
拡大画像表示

Azure Arc

 沼本氏が最初に挙げたのが「Azure Arc」。「マイクロソフトが以前から強みとしてきたハイブリッドクラウドの進化形となるテクノロジー」(沼本氏)だという。

米マイクロソフト コーポレートバイスプレジデント クラウドビジネス担当の沼本健氏

 従来、Azureのテクノロジーは、Azureのデータセンター内でマイクロソフトのサービスの一環として提供・利用されてきた。Azure Arcでは、オンプレミスの仮想マシンもAzureの管理ポータルAzure Portalで管理できるようになる。例えばクラウドサービスのAzure SQL Databaseを、オンプレミスや他社クラウドプラットフォームの仮想マシンにデプロイすることなども可能になるという。

Azure Synapse Analytics

 次に紹介したのが「Azure Synapse Analytics」。Azureプラットフォームのデータウェアハウス「Azure SQL Data Warehouse」を進化させたデータ管理・分析サービスである。「ユーザーがデータアナリティクスで行いたいエンドツーエンドのワークフローを1つにまとめたもの」(沼本氏)となっている。

 これまでは、Azure SQL Data Warehouseとデータ統合サービスの「Azure Data Factory」などデータアナリティクスに必要な機能、サービスをユーザーが選択してそれぞれに導入する必要があった。Azure Synapse Analyticsでは、そうしたデータアナリティクスに必要な機能を統合。パフォーマンスも大幅に向上しており、「デモではGoogle BigQueryやAmazon Redshiftなどと比較して約70倍というパフォーマンスを記録した」(同氏)という。

●Next:マイクロソフトが満を持して投入する「フルRPAツール」とは?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

マイクロソフト / Azure

関連記事

Special

-PR-

マルチクラウド基盤、統合アナリティクス、フルRPA─姿を見せた次期Azureサービス群2019年11月に米国フロリダで開催した米マイクロソフトの技術コンファレンス「Microsoft Ignite」。この場でMicrosoft Azure周辺の最新テクノロジーが複数披露されて注目を集めている。マイクロソフト日本法人は同年12月5日に開催したプライベートコンファレンス「Microsoft Envision The Tour Tokyo」のセッションに、本社コーポレートバイスプレジデント クラウドビジネス担当の沼本健氏が登壇。Ignite発表内容からのハイライトを紹介した。

PAGE TOP