アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[事例ニュース]

川崎重工、間接費の管理基盤にSAP Concurを導入、経費精算や請求書管理に活用

2019年12月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

川崎重工業は、間接費の管理基盤として、SAP Concurのクラウドサービスを採用する。2020年度を目処に、川崎重工業本社およびグループ会社数社にて導入後、国内外グループ各社97社を含めた社員3万5000人規模での展開を予定している。コンカーが2019年12月9日に発表した。

 川崎重工業は、間接費の管理基盤として、SAP Concurのクラウドサービスを採用する(図1)。経費精算・管理サービス「Concur Expense」、請求書管理サービス「Concur Invoice」、出張管理サービス「Concur Travel」である。これにより、国内外のグループ共通の管理基盤を構築し、間接業務をペーパーレス化/標準化する。

図1:川崎重工は、間接費の管理基盤にSAP Concurを導入する(出典:コンカー)図1:川崎重工は、間接費の管理基盤にSAP Concurを導入する(出典:コンカー)
拡大画像表示

 Concur Expenseを導入することによって、経費精算業務を効率化できる。社員は、外出先からモバイル端末を介して、経費精算の申請と承認ができる。交通系ICカードの乗車履歴の読み取りや、法人カードの使用データの自動連携などもできる。

 Concur Invoiceを導入することによって、経理部門の仕事である承認・管理業務を効率化できる。請求書データを集中管理し、規程チェックを自動化できる。また、Concur ExpenseとConcur Invoiceによって領収書・請求書の電子化を図ってペーパーレス化を推進し、紙の証憑の保管コスト・輸送コストを削減する。

 Concur Travelを導入することによって、会社の出張規程に即した航空券・ホテルをオンラインで簡単に手配できるようになる。Concur Travelの予約情報はConcur Expenseと連携するため、経費精算申請のデータ入力の手間を省ける。

関連キーワード

川崎重工業 / SAP / Concur / 経費精算

関連記事

Special

-PR-

川崎重工、間接費の管理基盤にSAP Concurを導入、経費精算や請求書管理に活用川崎重工業は、間接費の管理基盤として、SAP Concurのクラウドサービスを採用する。2020年度を目処に、川崎重工業本社およびグループ会社数社にて導入後、国内外グループ各社97社を含めた社員3万5000人規模での展開を予定している。コンカーが2019年12月9日に発表した。

PAGE TOP