[新製品・サービス]

トロンフォーラム、TRON仕様のエッジノード向け組み込みOSをGitHubから一般公開

2019年12月11日(水)IT Leaders編集部

TRONプロジェクトの推進母体であるトロンフォーラムは2019年12月9日、IoTエッジノード向け世界標準OSの仕様「IEEE 2050-2018」の完全上位互換となる「μ T-Kernel 3.0」の仕様書とソースコードをGitHubを通じて一般公開したことを発表した。公開は同年12月11日からで、トロンフォーラムのWebサイトからも入手できる。

 トロンフォーラムは、TRON仕様リアルタイムOSの最新版となる「μ T-Kernel 3.0」の仕様書とソースコードを、GitHubおよびトロンフォーラムのWebサイト(https://www.tron.org/ja/)を通じて一般公開を開始した。μ T-Kernel 3.0は、IEEE(米国電気電子学会)策定のIoTエッジノード向け世界標準OS仕様「IEEE 2050-2018」の完全上位互換となっている。

 IEEE 2050-2018は、TRONプロジェクトのメンバーがIEEEに協力して策定した日本発の世界標準仕様である。多くのIoTデバイスを構成する小規模組み込みシステムであること、実装の最適化やカスタマイズが容易であること、移植性や流通性の高いミドルウェアとデバイスドライバを使用していること、小容量のROM/RAMで動作するMMU(メモリー管理ユニット)なしのシングルチップマイコン(16ビットを含む)であることといった要件を満たしている。

 μ T-Kernel 3.0は、IEEE 2050-2018規格に準拠し、かつ、μ T-Kernel 2.0と高い互換性を維持している。今回ソースコードを全面的に見直し、最新のマイコンへの移植性を高めた。また、特定のツールに依存せず、さまざまな開発環境で使用できるという特徴を持っている。

 μ T-Kernel 3.0は、トロンフォーラムが定めたプログラムおよび著作物のライセンス契約であるT-Licenseに基づきオープンソースとして公開される。2019年12月11日に第1弾として公開されるソースコードでは、対象のハードウェアはARM Cortex-M3マイコン搭載のIoT-Engineとなっている。順次、トロンフォーラム会員各社が開発するさまざまなマイコンや開発環境に移植を行っていくとしている。

関連キーワード

TRON / IEEE / 組み込み / エッジコンピューティング / GitHub / APIエコノミー

関連記事

Special

-PR-

トロンフォーラム、TRON仕様のエッジノード向け組み込みOSをGitHubから一般公開TRONプロジェクトの推進母体であるトロンフォーラムは2019年12月9日、IoTエッジノード向け世界標準OSの仕様「IEEE 2050-2018」の完全上位互換となる「μ T-Kernel 3.0」の仕様書とソースコードをGitHubを通じて一般公開したことを発表した。公開は同年12月11日からで、トロンフォーラムのWebサイトからも入手できる。

PAGE TOP