[事例ニュース]

障がい者などの移動を支援するUniversal MaaS、2020年度内の社会実装を目指す

全日本空輸、京浜急行電鉄、横須賀市、横浜国立大学が連携

2020年2月7日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

全日本空輸(ANA)、京浜急行電鉄(京急電鉄)、横須賀市、横浜国立大学(横浜国大)の4者は2020年2月7日、障がい、高齢、訪日外国人など、さまざまな理由で移動にためらいがある人のための移動支援サービス「Universal MaaS」について、社会実装に向けた連携を開始すると発表した。2019年6月から実証実験を実施しており、今回プロトタイプを構築した。2020年度内の社会実装開始を目指す。

 Universal MaaSは、障がい者、高齢者、訪日外国人など、何らかの理由で移動にためらいのある人の移動を支援するサービスである(写真1)。サービスを利用する人がストレスなく移動できることを目指す。利用者に対して、公共交通機関の運賃、運航・運行状況、バリアフリー乗り継ぎルートなどの情報を提供する。

写真1:移動にためらいのある人を支援するサービスを提供する。公共交通機関の運賃、運航・運行状況、バリアフリー乗り継ぎルートなどの情報を提供し、ストレスなく移動できることを目指す(出典:全日本空輸、京浜急行電鉄、横須賀市、横浜国立大学)写真1:移動にためらいのある人を支援するサービスを提供する。公共交通機関の運賃、運航・運行状況、バリアフリー乗り継ぎルートなどの情報を提供し、ストレスなく移動できることを目指す(出典:全日本空輸、京浜急行電鉄、横須賀市、横浜国立大学)
拡大画像表示

 今回プロトタイプとして開発したスマートフォン用アプリ「お客さま用アプリ」は、車いすを利用しているサービス利用者を想定し、バリアフリーの乗り継ぎルートをナビゲーションする(画面1)。空港から目的地までの経路を検索できるほか、空港や駅構内・施設周辺のルート案内が確認できる。

画面1:サービス利用者向けのアプリは、車いすの利用者を想定し、バリアフリーの乗り継ぎルートをナビゲーションする。空港から目的地までの経路を検索できるほか、空港や駅構内・施設周辺のルート案内が確認できる(出典:全日本空輸、京浜急行電鉄、横須賀市、横浜国立大学)画面1:サービス利用者向けのアプリは、車いすの利用者を想定し、バリアフリーの乗り継ぎルートをナビゲーションする。空港から目的地までの経路を検索できるほか、空港や駅構内・施設周辺のルート案内が確認できる(出典:全日本空輸、京浜急行電鉄、横須賀市、横浜国立大学)
拡大画像表示

 一方、サービス提供者は、「サービス提供者用アプリ」を介して、手伝いが必要なサービス利用者の位置情報や、必要とする介助の内容を閲覧できる(画面2)。サービスの利用者が空港や駅、施設に接近すると、アプリに通知がくる。

画面2:サービス提供者向けのアプリからは、手伝いが必要なサービス利用者の位置情報や、必要とする介助の内容を閲覧できる。サービスの利用者が空港や駅、施設に接近すると、アプリで通知がくる(出典:全日本空輸、京浜急行電鉄、横須賀市、横浜国立大学)画面2:サービス提供者向けのアプリからは、手伝いが必要なサービス利用者の位置情報や、必要とする介助の内容を閲覧できる。サービスの利用者が空港や駅、施設に接近すると、アプリで通知がくる(出典:全日本空輸、京浜急行電鉄、横須賀市、横浜国立大学)
拡大画像表示

●Next:Universal MaaSプロジェクトの進展状況と参加企業、今後の計画

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

MaaS

関連記事

Special

-PR-

障がい者などの移動を支援するUniversal MaaS、2020年度内の社会実装を目指す全日本空輸(ANA)、京浜急行電鉄(京急電鉄)、横須賀市、横浜国立大学(横浜国大)の4者は2020年2月7日、障がい、高齢、訪日外国人など、さまざまな理由で移動にためらいがある人のための移動支援サービス「Universal MaaS」について、社会実装に向けた連携を開始すると発表した。2019年6月から実証実験を実施しており、今回プロトタイプを構築した。2020年度内の社会実装開始を目指す。

PAGE TOP