[新製品・サービス]

ビッグデータはIT業界だけのものではない 世界規模の社会実験プロジェクトがスタート

2012年10月9日(火)

もっぱらIT業界のトレンドとして語られる"ビッグデータ活用"。だが、社会を変革するようなテクノロジーは社会全体が関心を持つべきではないか。そんな考えから世界中の人々を巻き込んだ壮大な社会実験がスタートした。

世の中には自分と瓜二つの人間が3人いるという。彼らが今どこに住み、どのような考えを持ち、どのように生活しているか知ることができたら?

一昔前なら途方もつかなかった想像が現実のものになるかもしれない。そうした予感を抱かせる取り組みが進められている。「The Human Face of Big Data」と呼ばれるプロジェクトである。発起人は、米アゲンスト・オール・オッズ・プロダクション社(Against All Odds Productions)のCEOリック・スモーラン氏。「LIFE」や「ナショナルジオグラフィック」など、世界的に著名な雑誌でカメラマンとして活躍後、現在の会社を設立。テクノロジーを駆使して、ユニークな社会実験プロジェクトをいくつも手がけてきた人物だ。

今回のプロジェクトのテーマは、 "ビッグデータ"。世界中に分散する数十億個のセンサーや、RFIDタグ、GPS対応カメラ、人工衛星などから集めたデータを読み解き、人類についてのさまざまな気づきを得ることを目指す。ビッグデータの利活用が人類にもたらす利益とリスクについて、IT業界の人々以外にも考えてもらうきっかけを作るのが目的だ。EMCやシスコ、フェデックスなどの協力を経て、2012年9月13日にスタート。今年12月には、プロジェクトから得られた知見をまとめた書籍を刊行する。

関連記事

ビッグデータはIT業界だけのものではない 世界規模の社会実験プロジェクトがスタートもっぱらIT業界のトレンドとして語られる"ビッグデータ活用"。だが、社会を変革するようなテクノロジーは社会全体が関心を持つべきではないか。そんな考えから世界中の人々を巻き込んだ壮大な社会実験がスタートした。

PAGE TOP