[市場動向]

Webによる教育革命「MOOC」の価値と、そこで学ぶ“必然”

2013年11月18日(月)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

オンライン教育・講義の新しいスタイル「MOOC:Massive Open Online Course(ムーク)」を耳目にする機会が増えている。MOOCはこれまでのオンライン教育とは一線を画した世界規模の潮流であり、一部では21世紀の教育革命だとする評価もなされている。私たちはこのムーブメントをどのようにとらえて学べばよいのだろうか。

 Massive Open Online Course(MOOC:ムーク)と呼ばれる、インターネットを活用した大規模なオンライン教育の仕組みがにわかに脚光を浴びている。本誌読者であれば、米スタンフォード大学で発祥した「Udacity」や「Coursera」、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)が立ち上げた「edX」、それから米アップルが主要大学・講師との提携で展開する「iTunes U」といった有名どころのMOOCプラットフォーム/プロバイダーの名前はすでに何度か耳目にしていることだろう。

21世紀の教育革命と目されるMOOC(画面は代表的なMOOCプラットフォームの1つ「edX」

 

 発祥は2000年代中頃、ムーブメントが本格的に広がり始めたのは2012年に入ってからだ。スタンフォード大学やハーバード大学、MITといった米国が誇る名門校の人気講義を、世界のどこにいても基本無料で受講できるとあって、現役の学生をはじめ、勉学意欲を持つ世界中の幅広い層から多大な支持を集めることとなる。

「最初に開講した2つの講義を世界16万人が受講した」――これはUdacityの設立時に起こった現象で、MOOCの勢いを象徴するエピソードとして知られている。単なるオンライン教育の進化形にとどまらないムーブメント言うまでもなく、コンピュータやネットワークを用いた教育には長い歴史がある。本題に入る前に、まずはMOOC以前のオンライン教育について、仕組み(システム)の面での遷移を振り返ってみたい(図)。

図 オンライン教育システムの変遷

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

MOOC / eラーニング

関連記事

Webによる教育革命「MOOC」の価値と、そこで学ぶ“必然”オンライン教育・講義の新しいスタイル「MOOC:Massive Open Online Course(ムーク)」を耳目にする機会が増えている。MOOCはこれまでのオンライン教育とは一線を画した世界規模の潮流であり、一部では21世紀の教育革命だとする評価もなされている。私たちはこのムーブメントをどのようにとらえて学べばよいのだろうか。

PAGE TOP