[海外動向]

「Hardware Matters=ハードウェアの逆襲」、米HPと米IBMが相次ぎ次世代技術構想をお披露目

2014年7月17日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

クラウド、ビッグデータの時代だからこそ、ハードウェアを進化させなければならない−−。こんな発想のもと、米HPやIBMが半導体やメモリー素子といったレベルでの技術開発を強化している。果たしてそれはどんなハードウェアなのか。そして勝算はあるのだろうか?

 「クラウド、特にIaaS(Infrastructure as a Service)がある以上、ハードウェアはコモディティ(日用品)。もはや注意を払う必要はない」−−。そう考えている人がいるとすれば、それは必ずしも正しいとは言えない。急増するデータ量や電力消費の問題が、無視できないものになることは確実だからだ。

図1:世界中のデータセンターが消費する電力量は日本のそれとほぼ同じ図1:世界中のデータセンターが消費する電力量は日本のそれとほぼ同じ
拡大画像表示

 何しろ、米HPによると世界中にあるデータセンター(DC)が消費する電力は世界第3位の経済大国である日本のそれとほぼ同じ(知っていましたか?、図1)。少子化や省エネ技術もあって、日本の電力消費は増加するよりも横ばいか減少と見られるが、DCは違う。世界各地で今も建設が続いている。個々のデータセンターをいくら省エネ仕様にしても追いつかない。

 こうした状況をにらみ、HPや米IBMがハードウェア、それも半導体レベルの開発に力を注いでいる。HPは2014年6月に開催した自社イベントで次世代コンピュータの構想を公開。IBMは7月10日に、今後5年間で30億ドル(3000億円)をナノスケールの回路技術に投じると発表した。

 いずれもまだ物語に近いが、それだけに夢があり、ITリーダーにとって知っておいて損はない。一体、どんな構想であり、どんな技術なのか、以下で紹介しよう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】関連分野で既に500以上の特許を取得済み
  • 1
  • 2
関連記事

「Hardware Matters=ハードウェアの逆襲」、米HPと米IBMが相次ぎ次世代技術構想をお披露目クラウド、ビッグデータの時代だからこそ、ハードウェアを進化させなければならない−−。こんな発想のもと、米HPやIBMが半導体やメモリー素子といったレベルでの技術開発を強化している。果たしてそれはどんなハードウェアなのか。そして勝算はあるのだろうか?

PAGE TOP