[市場動向]

【人材・キャリア編】イノベーションはデータサイエンティストが起こす

2014年8月27日(水)「データビジネス創造フォーラム」実行委員会

データに基づくビジネスの推進役として期待されているのが「データサイエンティスト」である。しかし、職種やスキルの定義があいまいなままに言葉だけが先行し、その人材像や、専門家としてのキャリアは不鮮明なのが現状だ。データ活用が重要とのかけ声が高まる一方で、その人材像に関する議論は決して広がっているとは言えない。委員の中で、早くからデータ分析などを手がけるサービス会社を立ち上げ、データサイエンティストの育成にも取り組むブレインパッド代表取締役社長の草野 隆史 委員に、アクティブラーニング代表取締役社長CEOの羽根 拓也 委員とインプレスIT Leaders編集部の志度 昌宏 副委員長が、最新動向などを聞いた。

写真1:データサイエンティストのスキルとキャリアに関する「データビジネス創造フォーラム」実行委員による座談会の様子写真1:データサイエンティストのスキルとキャリアに関する「データビジネス創造フォーラム」実行委員による座談会の様子

羽根 ブレインパッドは、ビッグデータといったキーワードが広く認知される以前からデータ分析に携わってきました。

草野 ブレインパッドは2004年3月に、データ分析業務を企業から受託する会社としてスタートしました。その後、データ分析関連サービスとしてWebのレコメンデーションエンジンやリスティング広告の最適化ツールなども提供し、2011年9月には東証マザーズに上場しました。2013年7月からは、東証一部に市場変更しています。

写真2:ブレインパッド代表取締役社長の草野 隆史 委員写真2:ブレインパッド代表取締役社長の草野 隆史 委員

 ビッグデータという言葉が一般化してきてからは、それまでの経験や技術力を生かして、大量データの蓄積と分析用PaaS(Platform as a Service)の「Cloudstock」や自然言語処理エンジンの「Semantic Finder」も提供しています。単に受託のデータ分析だけでなく、データの蓄積から、分析、分析結果に基づく施策の提案・実行、実行結果の検証、それらに必要なシステム構築など、データに基づくビジネスの全工程に向けて各種サービスを提供しています。

 人材育成の面では、2013年7月に、データサイエンティストの育成と業界の健全な発展への貢献、啓蒙活動を図るためデータサイエンティスト協会の立ち上げに参画し、私が代表理事を務めているほか、当社でも同年8月には企業と個人のそれぞれに向けた教育研修プログラムも始めています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】トップ企業は必ずデータを分析している
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

Special

-PR-

【人材・キャリア編】イノベーションはデータサイエンティストが起こすデータに基づくビジネスの推進役として期待されているのが「データサイエンティスト」である。しかし、職種やスキルの定義があいまいなままに言葉だけが先行し、その人材像や、専門家としてのキャリアは不鮮明なのが現状だ。データ活用が重要とのかけ声が高まる一方で、その人材像に関する議論は決して広がっているとは言えない。委員の中で、早くからデータ分析などを手がけるサービス会社を立ち上げ、データサイエンティストの育成にも取り組むブレインパッド代表取締役社長の草野 隆史 委員に、アクティブラーニング代表取締役社長CEOの羽根 拓也 委員とインプレスIT Leaders編集部の志度 昌宏 副委員長が、最新動向などを聞いた。

PAGE TOP