[イベントレポート]

「ビッグデータ分析のカギはシステム連携基盤にあり」インターシステムズの佐藤氏

2014年11月10日(月)IT Leaders編集部

ビッグデータ分析に必要な基盤とは何か−−。こうした問いかけに対し、インターシステムズジャパン シニア・テクノロジー・アドバイザーの佐藤 比呂志 氏が、「データビジネス創造フォーラム」に登壇し、回答した。連携基盤を確立することの重要性を指摘すると同時に、基盤構築に際して留意すべきポイントを解説した。

 インターシステムズジャパン シニア・テクノロジー・アドバイザーの佐藤 比呂志 氏は冒頭、「ビッグデータ分析の取り組みが進むなか、データをどう連携させていくかに課題を感じる企業が増えてきた」と現状を報告した。取り扱うデータが多種多様になったことで、業務系(基幹系)と情報系のデータを組み合わせてデータウェアハウス(DWH:Data Warehouse)やデータマートを構築し、BI(Business Intelligence)ツールで課題を見つけるといった従来のアプローチが通用しなくなってきたためである。

システム連携基盤がますます重要に

インターシステムズジャパン シニア・テクノロジー・アドバイザーの佐藤 比呂志 氏インターシステムズジャパン シニア・テクノロジー・アドバイザーの佐藤 比呂志 氏

 ビッグデータ分析の課題について佐藤氏は、「従来の一般的なシステムアーキテクチャーでは、各種データはETL(Extract、Transform、Load)ツールを使って連携させてきた。だが近年は、リレーショナルデータベースでは取り扱いが難しいデータが増え、ETLツールでの連携は難しくなった。システム連携のための新たなアプローチが求められている」と説明する。

 システム連携の従来のインタフェースは、アプリケーション間の同期を取ることにフォーカスしてデータをやり取りしている。アプリケーションには特有のデータ要件があり、それぞれがユニークだ。結果、ETLツールなどによりユニークなものを直接的につなぎ合わせてきた。だが、これでは、データが多様化すれば、つなぎ方も多様化するという課題を抱えることになる。

 こうした課題の打開策としてインターシステムズが提唱するのが、「戦略的相互運用性(Strategic Interoperability)」を持つプラットフォームの構築である。戦略的相互運用性とは、「複数の異なるものを接続したり組み合わせたりした際に、全体としてきちんと正しく動作すること」を指している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】オブジェクトデータベースCachéでデータをまとめて管理
  • 1
  • 2
関連記事

「ビッグデータ分析のカギはシステム連携基盤にあり」インターシステムズの佐藤氏ビッグデータ分析に必要な基盤とは何か−−。こうした問いかけに対し、インターシステムズジャパン シニア・テクノロジー・アドバイザーの佐藤 比呂志 氏が、「データビジネス創造フォーラム」に登壇し、回答した。連携基盤を確立することの重要性を指摘すると同時に、基盤構築に際して留意すべきポイントを解説した。

PAGE TOP