開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

Watson日本語版のAPIを理解しよう、機械学習組み合わせ知的処理を実行

2016年3月1日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

AI(Artificial Intelligence:人工知能)がブームだ。CIOや情報システム責任者としては「分からない」「知らない」では済まされない。今、どんなことができるのか?AIソリューションの筆頭格である日本IBMとソフトバンクが開発した「IBM Watson」日本語版の機能を紹介しよう。

 2016年2月に日本語版がリリースされた「IBM Watson」。IBMのPaaS(Platform as a Service)である「Bluemix」上のAPI(Application Programming Interface)として提供され、Bluemixでアプリケーションを開発する際に知的な処理を組み込めるようになった。

 では実際にどんな処理ができるようになるのか?IBMはWatsonを「コグニティブ(認知型)システム」と呼ぶが、いわゆるAI(Artificial Intelligence:人工知能)やMI(Machine Intelligence:機械知能)の技術を使った代表的存在であることは間違いない。従って、WatsonのAPIを知ることは、AIの最先端の1つを知ることにつながる。以下で整理しておこう。

 IBMと共同開発者であるソフトバンクの発表文によると、日本語のニュアンスを理解・処理できるAPIは現時点で計6種が提供されている。Natural Language Classifier(自然言語分類)、Dialog(対話)、Retrieve and Rank(検索およびランク付け)、Document Conversion(文書変換)、Speech to Text(音声認識)およびText to Speech(音声合成)である。

 Natural Language Classifier(NLC)は、テキストを分類する機能。ユーザーが用意した教師データをもとに自動学習したclassifier(分類器)が短文やフレーズを分類する。分類とは、Twitterのつぶやきを例にすると、ニュースか出来事か意見か、あるいは個人的なことか仕事かなどに分けることだ。Watsonが知られるきっかけになった米国のクイズ番組『Jeopardy!』の頃はルールベースだったが、現在は脳の仕組みを真似たニューラルネットワークを基本とする深層学習(deep learning)を使って開発されている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Watson日本語版のAPIを理解しよう、機械学習組み合わせ知的処理を実行AI(Artificial Intelligence:人工知能)がブームだ。CIOや情報システム責任者としては「分からない」「知らない」では済まされない。今、どんなことができるのか?AIソリューションの筆頭格である日本IBMとソフトバンクが開発した「IBM Watson」日本語版の機能を紹介しよう。

PAGE TOP