CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[松岡功が選ぶ“見逃せない”ニュース]

2016年3月の3本:ANAが国内線で大規模システム障害/NTT Comが企業向けクラウドを強化/JUAS調査で経営層の情報セキュリティ関与はまだまだ

2016年4月7日(木)松岡 功(ジャーナリスト)

2016年3月のニュースから松岡功が選んだのは、「全日空の大規模なシステム障害」「NTTコミュニケーションズのクラウドサービス強化」「JUAS最新調査、経営層の情報セキュリティへの関心度」の3本である。

全日空が国内線の旅客管理で大規模なシステム障害

 全日本空輸(ANA)の国内線で3月22日、旅客管理システムに大規模な障害が発生した。ANAが就航する全国49空港で搭乗手続きなどができなくなり、同日にANAだけで146便が欠航し、391便に遅延が生じた。翌23日も2便が欠航した。これらにより約7万2100人の利用客に影響が出た。加えて、ANAのシステムを使う提携航空会社5社でも合計で38便が欠航し、142便に遅延が生じた。

 このシステム障害の原因についてANAは3月30日に、ネットワーク機器の故障だったと発表。国内線システムの4台のデータベースサーバーをつなぐスイッチが故障し、予備のスイッチへの自動切り替え機能も働かなかった。再発防止のため、スイッチの状態を監視する機能を強化した。

選択理由

 社会インフラの1つである交通のシステムに大規模な障害が起こると、どれだけの影響が及ぶのかを改めて目の当たりにしたからだ。4月1日には日本航空(JAL)でも機体の重量バランスなどを計算する「重量管理システム」で障害が発生し、国内線で欠航や遅延が発生している。

 ANAの国内線旅客管理システムは2013年2月にメインフレームからオープンシステムに切り替え再構築している(関連記事)。今回の障害は、再構築後、初めての大きなトラブルになってしまった。旧システムでは2007年5月に大規模な障害が発生しており、その際の原因もスイッチの不具合だったという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
松岡功が選ぶ“見逃せない”ニュース一覧へ
関連記事

2016年3月の3本:ANAが国内線で大規模システム障害/NTT Comが企業向けクラウドを強化/JUAS調査で経営層の情報セキュリティ関与はまだまだ2016年3月のニュースから松岡功が選んだのは、「全日空の大規模なシステム障害」「NTTコミュニケーションズのクラウドサービス強化」「JUAS最新調査、経営層の情報セキュリティへの関心度」の3本である。

PAGE TOP