CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[松岡功が選ぶ“見逃せない”ニュース]

2016年6月の3本:深刻なIT人材不足が明らかに/米Microsoftが米LinkedInを買収/JTBの顧客情報が標的型攻撃で大量流出か

2016年7月6日(水)松岡 功(ジャーナリスト)

2016年6月のニュースから松岡功が選んだのは、「経産省調査で深刻なIT人材不足が明らかに」「米Microsoftが米LinkedInを262億ドルで買収」「JTBの顧客情報が標的型メール攻撃で大量流出か」の3本である。

経産省調査で深刻なIT人材不足が明らかに

 経済産業省が2016年6月10日、『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果』を発表した。これによると、IT人材は現時点で17万1000人が不足しており、2020年には36万9000人、2030年には78万9000人にまで膨らむと予測される。深刻なIT人材不足が明らかになった。

 本調査では、IT人材を「IT企業およびユーザー企業の情報システム部門に所属する人材」と定義。現時点で91万9000人と推計している。それが今後は、国内労働人口の減少が見込まれることから、IT人材も2019年をピークに減少傾向になり、不足数が一層拡大するという。

 IT人材の中でも特に、今後ニーズが高まると見られる情報セキュリティ人材、および人工知能(AI:Artificial Intelligence)やIoT(Internet of Things:モノのインターネット)、ビッグデータ分析などに携わる先端IT人材については、現時点で、それぞれ13万2000人、1万5000人が不足していると推計。2020年には、それぞれ19万3000人、4万8000人に膨らむと予測している(図)。

図:IT人材の需給に関する推計結果の概要(出所:『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果』、経済産業省)図:IT人材の需給に関する推計結果の概要(出所:『IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果』、経済産業省)
拡大画像表示

 なお調査結果は、このページからダウンロードできる。

[選択理由]

 IT人材が不足すると言われて久しいが、経産省による今回の調査結果については、ITに携わる人間であれば強い問題意識を持ち、改めてしっかりと認識しておくべきだと考える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】人材データの価値がますます高まっている
  • 1
  • 2
バックナンバー
松岡功が選ぶ“見逃せない”ニュース一覧へ
関連記事

2016年6月の3本:深刻なIT人材不足が明らかに/米Microsoftが米LinkedInを買収/JTBの顧客情報が標的型攻撃で大量流出か2016年6月のニュースから松岡功が選んだのは、「経産省調査で深刻なIT人材不足が明らかに」「米Microsoftが米LinkedInを262億ドルで買収」「JTBの顧客情報が標的型メール攻撃で大量流出か」の3本である。

PAGE TOP