[新製品・サービス]

富士通と米Tealium、顧客行動を捉えてリアルタイムにアプローチするマーケティング事業で協業

2016年9月29日(木)IT Leaders編集部

富士通は2016年9月28日、米Tealiumの顧客データ基盤を活用して、顧客行動を捉えたリアルタイムなアプローチを可能にするシステムの導入を支援すると発表した。そのために、タグマネジメント事業を手がけるTealiumとデジタルマーケティング事業で協業する。

 富士通は、企業が保有するさまざまな顧客データを一元管理し、顧客データ単位でさまざまなアプリケーションとリアルタイムに連携できるTealiumの顧客データ基盤の導入を支援する。富士通が持つ各業種向けの業務システム構築・運用ノウハウを活かして、ユーザー企業の既存システムと連携させる。

 富士通の高度なデータ分析を用いたサービスと組み合わせれば、より詳細な顧客の特性を把握できるようになる。顧客1人ひとりの行動を捉えた最適なアプローチを実施できるように支援する。

 Tealiumの顧客データ基盤は、顧客軸でのデータ統合と各業務へのリアルタイムな連携を可能にする。Webの行動履歴やアクセス手段、購買履歴、属性情報などを顧客単位で統合し、顧客の行動や状態の変化をクラウドで一元的に管理・把握できるようにする。顧客情報をリアルタイムに更新し、各種のマーケティングツールと連携することで、タイムリーな施策の実施が可能になる。

 多種多様なマーケティングタグに対応できる。Webページに埋め込まれたサービスやマーケティングツールを実行するマーケティングタグは、マルチベンダーで1000種類以上に対応しており、Webページへの組み込みやサイトの改修などの作業を容易かつ短期間で行える。

 富士通は、マーケティング高度化に向けた導入コンサルティングを提供する。マーケティングコンサルタントがユーザーのマーケティング戦略策定やKPIの設定、運用の最適化などを支援する。

 顧客ごとの嗜好の理解を最適化し、1人ひとりの状態を的確に捉えた施策の実行を支援する。そのために、Webアクセス履歴や購買履歴を基に顧客の嗜好を把握できる「消費者嗜好分析ソリューション」や、富士通のデータサイエンティストによるデータ分析サービス「FUJITSU Intelligent Data Service データキュレーションサービス」を、顧客データ基盤と組み合わせて活用できるようにする。

 顧客ごとのデータ統合に当たっては、富士通のシステムエンジニアおよびデータエンジニアによるシステムインテグレーションにより、WebやCRM、販売管理など各種業務システムとのスムーズな連携を支援する。

関連記事

富士通と米Tealium、顧客行動を捉えてリアルタイムにアプローチするマーケティング事業で協業富士通は2016年9月28日、米Tealiumの顧客データ基盤を活用して、顧客行動を捉えたリアルタイムなアプローチを可能にするシステムの導入を支援すると発表した。そのために、タグマネジメント事業を手がけるTealiumとデジタルマーケティング事業で協業する。

PAGE TOP