[ザ・プロジェクト]

ビッグデータで生産現場のPDCAをいかに早く回すかを考える

「攻めのIT経営銘柄 2016」選定企業のIT戦略―東レ

2017年1月10日(火)佃 均(IT産業アナリスト)

東レが日本を代表する総合化学メーカーであることは誰もが知っている。しかしITをフル活用した臨機応変・柔軟な事業運営に取り組んでいることは、意外に知られていない。「この10年はその準備。ビッグデータを使って生産現場のPDCAを少しでも早く回すことを考えてきました」と語るのは情報システム企画部長の大橋陽子氏だ。合言葉「Innovation by IT」は、まさに「業務改革はまず現場から」を意味している。その実際を取材した。

25年目の「情報システム白書」

「今年の経営層向け白書には情報システムの動向を付録にしました」と情報システム企画部長・大橋陽子氏

 東レの情報システム部は社内向けに「情報システム白書」を発行している。1992年から毎年発行しているもので、2005年度版から利用部署向けの本編、ITエンジニア向けの詳細編、経営トップ向けのエグゼクティブ・サマリーを作っている。今年は25年目(25冊目)の節目となる。

 「2016年版のエグゼクティブ・サマリーには、付録として社外の情報システム技術の動向をまとめました。役員の方々に少しでもITに関心を持っていただく、理解していただくのがねらいです」

 情報システム企画部長・大橋陽子氏は言う。最近でこそアニュアルレポートのIT版を発行する企業が増えてきたが、25年前からというのは例を見ない。

 東レは、繊維製造からアパレルまで一貫する繊維メーカーとして広く知られる。一方でポリエステルフィルム、電子素材、炭素繊維でも世界トップクラス、海水淡水化システムや家庭用浄水装置など環境関連分野、多用途透析装置や手術用手袋など医療・ライフサイエンス分野でも存在感を示している。

 事業が多角的に展開されると、企業ポリシーはあっても建前に終始しがちだ。ところが東レの場合、コーポレート・スローガン「Innovation by Chemistry」(化学による革新と創造)が周知徹底されている。それを受けたのが「Innovation by IT」だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

ビッグデータで生産現場のPDCAをいかに早く回すかを考える東レが日本を代表する総合化学メーカーであることは誰もが知っている。しかしITをフル活用した臨機応変・柔軟な事業運営に取り組んでいることは、意外に知られていない。「この10年はその準備。ビッグデータを使って生産現場のPDCAを少しでも早く回すことを考えてきました」と語るのは情報システム企画部長の大橋陽子氏だ。合言葉「Innovation by IT」は、まさに「業務改革はまず現場から」を意味している。その実際を取材した。

PAGE TOP