[ザ・プロジェクト]

製鉄所基幹システムの脱メインフレームで全社IT基盤の刷新に挑む―JFEホールディングス

「攻めのIT経営銘柄 2016」選定企業のIT戦略<13>

2017年1月17日(火)佃 均(IT産業アナリスト)

JFEホールディングスの中核企業であるJFEスチールのIT利活用が脚光を浴びたのは、川崎製鉄と日本鋼管の合併に伴うシステム統合「J-Smile」プロジェクトが2006年度情報化月間の経済産業大臣賞を受賞した時だった。あれから10年、「攻めのIT経営銘柄」に選定された事由は、製鉄業の“本丸”たる製鉄所の全プロセスの脱メインフレーム化だ。理事でIT改革推進部長の新田哲(あきら)氏は、「製鉄所システムの刷新を含む全社IT基盤の整備に挑みます」と言う。

データモデルをキチッと作った

「迅速に変化に対応できるグローバルレベルのIT活用先進企業に」とIT改革推進部長・新田哲氏は語る

 冒頭、新田氏は「本日はJFEスチールの新田という立場ですが……」と切り出した。「今年の4月に設置されたJFEホールディングスの情報セキュリティ専門チーム、そのチーム長も兼務しています」

 「JFE-SIRT(JFE-Security Integration and Response Team)」のこと。通常、「I」は「 Incident」の意味だが、「当社ではIntegrateと読み替えています」という。

  「JFEグループ情報セキュリティ委員会」に直属し、グループ全体のセキュリティ基盤を共通化したり、インシデント発生時に迅速な対策を講じる。またセキュリティの状況を、定期的にグループCSR会議に報告する。「確固とした守りが“攻め”につながる」という認識だ。

 「で、お話しを進める前に、J-Smileで取り組んだ概念データモデリングのことを」新田氏は語を継いだ。

 「J-Smile」は同社2003年から2006年まで取り組んだ新統合システムのこと。その名は「JFE Strategic Modernization & Innovation Leading System」に由来する。「超」が付く大規模な2社(川崎製鉄、日本鋼管)のシステムを円滑に統合した事例として、世界的に知られている。

(図1)従来型とJ-Smileの手順の違い(提供:JFE)
拡大画像表示

 「実は私はシステム部門から営業部門に異動しまして、統合が決まったら、戻ってこい、と。システムと営業が分かるから、受注系のシステム、できるよな、というような軽いノリで呼ばれた……、と言うより呼んでいただいたんじゃないかと」

 苦笑しながら新田氏は言う。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

製鉄所基幹システムの脱メインフレームで全社IT基盤の刷新に挑む―JFEホールディングスJFEホールディングスの中核企業であるJFEスチールのIT利活用が脚光を浴びたのは、川崎製鉄と日本鋼管の合併に伴うシステム統合「J-Smile」プロジェクトが2006年度情報化月間の経済産業大臣賞を受賞した時だった。あれから10年、「攻めのIT経営銘柄」に選定された事由は、製鉄業の“本丸”たる製鉄所の全プロセスの脱メインフレーム化だ。理事でIT改革推進部長の新田哲(あきら)氏は、「製鉄所システムの刷新を含む全社IT基盤の整備に挑みます」と言う。

PAGE TOP