CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[シリコンバレー最前線]

2017年のITトレンドを占う5つのキーワード

2017年1月13日(金)山谷 正己

2016年は政治・経済面はもとよりIT業界においても激動の年だった。あらゆる分野で、これまでの“常識”が覆されるかの勢いだ。2017年、IT業界はどこに向かっていくのか。要注目分野の2016年の動きをおさらいしながら2017年を展望してみたい。

 2016年夏、人々はブラジル・リオデジャネイロのオリンピック/パラリンピック大会に燃えた。政治面では、英国のEU離脱や欧州への難民流入、自爆テロ、そして米国の次期大統領になるトランプ氏の「America First」といった発言など、対立と孤立化が進んでいる。2017年、欧州諸国では議会選挙などを控え政権交代が相次ぐ気配だ。世界の勢力地図が今後、どのように変わるかは余談を許さない。

 IT業界においても2016年は、大企業の統合・分割のほか、ITの適用範囲が企業から社会へと加速度的に広がっていった。IT業界とITを駆使したビジネスにおいては、さらなるグローバル化の進展が避けられない。以下では2017年の動向を占うキーワードごとに、2016年の動きから2017年の動向を探ってみよう。

Cloud First(クラウド・ファースト)

 ビジネス競争は、ますますグローバル化し激化している。ビッグデータやIoT(Internet of Things:モノのインターネット)、AI(Artificial Intelligence:人工知能)といった新しいツールをビジネスに活用し対抗しなければならない。一方で、企業はIT投資を抑えたい。米調査会社のComputer Economicsによる予測では2017年、米国企業のIT予算の伸びは前年比2%増に留まる(図1)。

図1:米国一般企業のIT投資の増加率の推移図1:米国一般企業のIT投資の増加率の推移
拡大画像表示

 競争に勝つためには最新ITをビジネスに迅速に導入しなければならない一方で、IT予算が限られるとなれば、クラウドへの移行は必然だ。ハンバーガーチェーン最大手のMcDonald’sは、オンプレミスで運用してきた情報システムを 「AWS(Amazon Web Services)」に移行しつつあり、2017年中には全システムをAWSへ移行するプロジェクトを進めている。ITベンダーであるHPも、オンプレミスにあったERP(統合基幹業務)システムなどのレガシーアプリケーションを「NetSuite OneWorld」のSaaS(Software as a Service)に、わずか6カ月で移行した。こうした動きを受けて、世界のパブリッククラウド市場は図2に示すように伸びている。

図2:パブリッククラウドの世界の市場規模の推移図2:パブリッククラウドの世界の市場規模の推移
拡大画像表示
図3:IaaS市場における2016年第2四半期のシェア図3:IaaS市場における2016年第2四半期のシェア
拡大画像表示

 半面、クラウドサービス業界では熾烈な競争が繰り広げられている。HPE(HP Enterprise)がパブリッククラウド市場から撤退したほか、Cisco Systemsも同社のパブリッククラウド「InterCloud」のサービスを2017年3月をもって打ち切ると発表した。それほど、パブリッククラウドのサービスビジネスは難しいものなのだ。これで、パブリックなIaaS(Infrastructure as a Service)市場は、AWSと「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform(GCP)」「IBM BlueMix(元のSoftlayerを含む)」「Oracle Cloud」の5強で市場の過半数を占めることになる。うち31%をAWSが占め首位を堅持している(図3)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】IoTが企業アプリケーションと連携し始めた
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

2017年のITトレンドを占う5つのキーワード2016年は政治・経済面はもとよりIT業界においても激動の年だった。あらゆる分野で、これまでの“常識”が覆されるかの勢いだ。2017年、IT業界はどこに向かっていくのか。要注目分野の2016年の動きをおさらいしながら2017年を展望してみたい。

PAGE TOP