[新製品・サービス]

ビットコイン業者向け本人確認・発送追跡サービスを提供─ネクスウェイ

2017年3月22日(水)IT Leaders編集部

ネクスウェイは2017年3月21日、ビットコインなどの非対面取引における本人確認方法として、犯罪収益移転防止法に準拠し、印刷から簡易書留発送、送達・不達確認を一貫して実施する「本人確認・発送追跡サービス」の提供を開始したと発表した。非対面取引での簡易書留による本人確認業務の効率化を支援する。

 「本人確認・発送追跡サービス」は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」における非対面取引の場合の本人確認の方法に準拠している。簡易書留郵便に対応し、印刷から封入・封かん、宛名ラベル貼り、郵便局への差出、送達・不達確認までを一貫して実施する。

 取引確認に必要な顧客ごとの情報を自動で印字・挿入可能だ。定形ハガキのほかに、封書や圧着ハガキにも対応している。日本郵便の「郵便追跡サービス」と連携し、送達・不達結果をデータと紐付け返却することもできる。

 ユーザーの業務システムとの自動連携にも対応している。API(Application Programming Interface)を提供しているため、本人特定通知の発送をタイムリーに実施することが可能だ。

 1通~1万通まで翌日発送に対応でき、業務のピーク差によるコストの無駄や発送遅れの防止を図れる。多くの案件を効率的に印刷~発送することで低コストで提供する。

関連記事

Special

-PR-

ビットコイン業者向け本人確認・発送追跡サービスを提供─ネクスウェイネクスウェイは2017年3月21日、ビットコインなどの非対面取引における本人確認方法として、犯罪収益移転防止法に準拠し、印刷から簡易書留発送、送達・不達確認を一貫して実施する「本人確認・発送追跡サービス」の提供を開始したと発表した。非対面取引での簡易書留による本人確認業務の効率化を支援する。

PAGE TOP