データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

【Special】

盤石なデータ管理なしに企業競争力は生まれない!

「IT Leaders特別セミナー」事後レポート

2017年4月7日(金)IT Leaders編集部

インプレスは2017年3月10日、IT Leaders特別セミナー「盤石なデータ管理なしに企業競争力は生まれない!─ デジタル革新に向けた本当の起点とは ─」を都内で開催した。本稿では、当日の主要なトピックをレポートする。

 企業競争力を高める上で「データの巧みな利活用」が重要であることに異論はないにせよ、その実践は簡単なものではない。事実、企業はこれまでも多くのデータを保有してきたはずだが、十分にビジネスに活かせてきたと胸を張る企業は決して多くはない。そもそも、社内にどんなデータがあるか把握しきれていなかったり、管理の甘さが情報漏洩や法令違反などの負のインパクトにつながったりするケースが散見されている。

 IoTやビッグデータへの期待が高まっているが、旧態依然とした管理方式のままデータばかりを収集したところで競争優位に直結しないのは自明だ。攻めと守りの両面でデータを意のままにコントロールする環境の整備は、どの企業にとっても喫緊の課題。この一筋縄ではいかないテーマに対し、IT部門を筆頭とする企業の実務担当者はどのように取り組んでいくべきなのか──。理想論を追うのではなく、リスク管理の視点から始める現実的ステップに焦点を当てたのが今回のセミナーである。

基調講演:積水化学工業・元CIOの視点
ユーザーの主導権なくして今後の成長はない

 冒頭の基調講演のスピーカーを務めたのは、積水化学工業で長きにわたってIT戦略を統括してきた寺嶋一郎氏(元・情報システム部長)だ。IT Leadersの人気連載「ベテランCIOが語る『私がやってきたこと、そこから学んだこと』」の筆者でもある寺嶋氏は、「デジタル化時代を迎えた日本企業のIT部門の進むべき道とは─データ駆動型の企業体質になるための心得─」と題して、思いを熱く語った。

 進化著しいテクノロジーを事業成長の追い風にするにはどうしたらよいのか、そこでは誰がイニシアティブをとるべきなのか──。寺嶋氏は常に自身に問い続けてきたという。IT革命が声高に叫ばれていた2000年に情報システム部長に就任して以降は、矢継ぎ早に業務改革や構造改革を進めてきた。

 Web関連技術のポテンシャルを直感したのを契機に社内の情報共有やコラボレーションを支える基盤を構築したのはその一つ。またERP(エンタープライズリソースプランニング)の本来のコンセプトに感銘を覚え、基幹業務システムの刷新にも力を注いだ。そうした数々のプロジェクトを遂行する中で、IT部門そのものの改革にも勤しんできた。

基調講演の壇上に立った寺嶋一郎氏

 「システム開発に関わる“丸投げ体質”から脱却しないことにはIT経営など望むべくもない」──。寺嶋氏を行動にかき立てる原点はここにある。ともすると企画アイデアまでベンダーに任せて戦略センスを失うIT部門。モチベーションが上がらずに閉じこもるIT部門。周囲からの期待値が下がりゆく一方のIT部門。そんな悪しき流れを食い止めるために奔走する日々だったという。

 「デジタルビジネス時代に日本企業が翻弄されないためには、IT部門が実力をつけるしかありません」と強調する寺嶋氏は、日頃から経営陣に対して分かりやすくITを語ることを心がけ、一方でスタッフに対しては“プロフェッショナル”として目指すべき姿を明示しながら育成に努めた。ビジネスの現場を知り、テクノロジーに精通するために、開発の内製化にも大きく舵を切った。

 こうした地道な努力と工夫の積み重ねによって、やがてビジネスとITの歯車が噛み合い始めたと寺嶋氏は振り返る。データの利活用といった詳細に踏み込む前に、成長戦略の方向性、そこに深く関わるテクノロジーの重要性について、社内に共感を醸成することが先決。「そこで活躍すべきがIT部門。本来の目的を整理して、関係者と意思疎通を図りながら、プロセス改革の道筋や施策を具体化する『ビジネスアナリシス』のスキルを磨くことが欠かせない」との持論を会場に訴えた。

 いくら小手先のテクニックを磨いても、体幹や精神力が鍛えられていなければ強いアスリートにはなれない。寺嶋氏の一連の主張をスポーツに例えるなら、こう表現することもできるだろう。心技体が揃った選手の中に流れ、攻めや守りのアクションを起こさせる血潮に相当するのがデータである。

 寺嶋氏は「デジタルビジネス時代のIT部門にとって重要なミッションの1つが『エンタープライズデータの提供者であれ』ということ。すなわち、大枠のIT戦略の下で、意思決定や顧客価値創出に直結するデータをいかに用意するかに知恵を使わなければなりません。データの管理や統制をどうするか。詳しくは後半のセッションで語られると思いますが、すべてにおいて自ら強い問題意識と主導権を持たなければ、次代の成長は約束されないのです」とセッションを締めくくった。

関連記事

盤石なデータ管理なしに企業競争力は生まれない! インプレスは2017年3月10日、IT Leaders特別セミナー「盤石なデータ管理なしに企業競争力は生まれない!─ デジタル革新に向けた本当の起点とは ─」を都内で開催した。本稿では、当日の主要なトピックをレポートする。

PAGE TOP