[新製品・サービス]

PwCコンサルがAI・RPAで業務変革を支援する専門部署を設置

2017年4月13日(木)IT Leaders編集部

企業の働き方改革を後押しするものとして俄然注目を集めているすRPA(Robotics Process Automation)。大手コンサルティング会社を中心に国内マーケットの賑わせているが、その大手コンサルティング会社の一角であるPwCコンサルティングがAI(人工知能)やRPA技術の専門組織を立ち上げた。2017年4月12日に発表している。

 PwCコンサルティングは、グローバルでRPAを推進してきた1社で、今回その社内リソースを結集、AIやRPAにより企業の業務改革・生産性向上を支援する体制強化のため、「AI・ソフトウェアロボティクス・センター」を設置した。

 同センターはAIやRPAを活用して、デジタルビジネス戦略の策定支援、デジタルによる働き方改革支援、ソフトウェアのデザイン・開発・導入支援、運用体制の設計・構築支援、品質管理体制の設計・構築支援、新技術・ビジネス・付加価値の開発・研究支援を行う予定だ。

 テクノロジーコンサルティング部門内に新センターを設置し、専任のコンサルタントが任に当たる。

関連記事

Special

-PR-

PwCコンサルがAI・RPAで業務変革を支援する専門部署を設置企業の働き方改革を後押しするものとして俄然注目を集めているすRPA(Robotics Process Automation)。大手コンサルティング会社を中心に国内マーケットの賑わせているが、その大手コンサルティング会社の一角であるPwCコンサルティングがAI(人工知能)やRPA技術の専門組織を立ち上げた。2017年4月12日に発表している。

PAGE TOP