CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[調査・レポート]

AIの2大勢力は米中―米国で開催の人工知能学会レポート

住友セメントシステム開発 常務取締役 加藤昌宏

2017年4月19日(水)加藤 昌宏

AI(人工知能)はもはや、ITでもっとも注目されているキーワードのひとつだ。IBMやGoogle、Microsoftなど、すでに多くの企業が製品化しAIの主役としてクローズアップされている。しかし、研究者が長きにわたって研究し続けてきた成果が花開いた結果が現在の「第3次人工知能ブーム」であることを鑑みると、その未来は、やはり大学や研究施設などの研究者の手に握られており、最新の動向は学会にあるといえる。国内では接する機会の限られている人工知能の世界的な学術発表の場に、2017年の2月に米国で参加してきた人物に出会った。それが、住友セメントシステム開発で常務取締役を務める加藤昌宏氏。遅まきながら、加藤氏に現地のレポートをまとめていただいた。現地の熱を感じ取っていただきたい。

The Thirty-First AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-17)
2017年2月4日−2017年2月9日
米国 サンフランシスコ

 The Association for the Advancement of Artificial Intelligence(AAAI)が主宰する、第31回人工知能カンファレンスが2017年2月4日から9日まで、サンフランシスコで開催された。

 昨今のAIブームの中、中小IT企業である我々も時代に遅れてはならないと2年ほど前から機械学習の勉強を開始した。社内での勉強会及び海外の大学が提供するオンライン講座の受講などを実施し基礎知識を学んできた。日本の情報処理学会や人工知能学会に加入し、国内の学会にも参加を行なってきた。ここに到り、AIの最新事情を探ろうと本学会に参加することを決めた。

目を引く中国勢の伸長

(写真1)AAAI17 メイン会場

 AAAIは米国内の人工知能学会であるが、米国国内に限らず世界各国から研究者、開発者が集まり、最終的には1800人を超える参加者があった。昨今の人工知能ブームから関心が高まっており、日本からのカンファレンス参加者は2016年から倍増して100名ほどであった。しかし、中国からの参加者の伸びは日本をはるかに上まわっており勢いが感じられた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】IBMやGoogleの講演も
  • 1
  • 2
関連キーワード

AI

関連記事

AIの2大勢力は米中―米国で開催の人工知能学会レポートAI(人工知能)はもはや、ITでもっとも注目されているキーワードのひとつだ。IBMやGoogle、Microsoftなど、すでに多くの企業が製品化しAIの主役としてクローズアップされている。しかし、研究者が長きにわたって研究し続けてきた成果が花開いた結果が現在の「第3次人工知能ブーム」であることを鑑みると、その未来は、やはり大学や研究施設などの研究者の手に握られており、最新の動向は学会にあるといえる。国内では接する機会の限られている人工知能の世界的な学術発表の場に、2017年の2月に米国で参加してきた人物に出会った。それが、住友セメントシステム開発で常務取締役を務める加藤昌宏氏。遅まきながら、加藤氏に現地のレポートをまとめていただいた。現地の熱を感じ取っていただきたい。

PAGE TOP