[新製品・サービス]

日立、独SAPのプライベートクラウド製品の導入・利用支援サービスをグローバルで提供

2017年4月27日(木)IT Leaders編集部

日立製作所は2017年4月26日、 SAP HANA® Enterprise Cloud パートナーシップ契約を締結した。日立は、プライベートクラウド製品「SAP HANA Enterprise Cloud」の導入・利用支援サービスを、独SAPを通じて提供していく。

 日立と同社のグループ会社でSAPの認定を受けたクラウドサービス事業者である仏oXya(オキシア)は、SAPを通じて「SAP HANA Enterprise Cloud」の導入・利用を支援するサポートサービスを提供する。

 オキシアは、SAPソフトウェアの利用企業にSAP HANAやSAP S/4HANAへの迅速かつスムーズな移行を支援するSAPマネージドサービスを、グローバルで提供している。

 具体的には、担当チームを顧客拠点の近くに配置し、日立のストレージ製品を組み合わせた統合基盤をベースに、日立とオキシアのデリバリーモデルを活用したサービスを提供する。

 今後、日立は日本国内を担当し、オキシアはまず米国、カナダ、フランスでSAPを通じたサービスの提供を開始する。両社は、順次対象地域を拡大していくとしている。

関連記事

Special

-PR-

日立、独SAPのプライベートクラウド製品の導入・利用支援サービスをグローバルで提供日立製作所は2017年4月26日、 SAP HANA® Enterprise Cloud パートナーシップ契約を締結した。日立は、プライベートクラウド製品「SAP HANA Enterprise Cloud」の導入・利用支援サービスを、独SAPを通じて提供していく。

PAGE TOP