[新製品・サービス]

アルテリア・ネットワークス、閉域クラウド接続サービスをIBMのIaaSに対応

2017年5月11日(木)IT Leaders編集部

法人を対象としたネットワーク関連サービスなどを手がけるアルテリア・ネットワークスは、閉域ネットワークでクラウドサービスへ接続可能な「VECTANT セキュアクラウドアクセス」の対応クラウドサービスに、米IBMが提供する「IBM Bluemix Infrastructure」を追加し提供を開始した。

 アルテリアは、同社の閉域クラウド接続クラウドサービス「VECTANT セキュアクラウドアクセス」の対応クラウドサービスとして、IBMのIaaS「IBM Bluemix Infrastructure」(旧SoftLayer)を追加した。

 提供メニューには、「共有型」と「専有型」がある。共有型では、100・200・500Mbpsの帯域メニューから自社のネットワーク要件に合わせて選択できる。高セキュリティ・高品質なクラウド接続環境を低コストで利用可能だ。

 専有型では、ユーザーの拠点やデータセンターと、各種クラウドサービス間を安全で高品質な専用ネットワークで接続する。高いセキュリティに加え、オンプレミスと同等の安定性・信頼性を備えたシステムを設計可能だ。運用・保守を含めて一元的に提供するルーターパックも用意している。帯域は、1・10Gbpsから選択できる。

 VECTANT セキュアクラウドアクセスは月額定額制で、共有型には1年・単月契約タイプがあり、専有型は1年契約タイプのみになる。価格は、共有型は初期費用が1万円(税別、以下同様)、月額費用は単月契約タイプが15万円からで、1年契約タイプが12万5000円からになる。専有型は利用区間と形態に応じ個別に算定する。

関連記事

アルテリア・ネットワークス、閉域クラウド接続サービスをIBMのIaaSに対応法人を対象としたネットワーク関連サービスなどを手がけるアルテリア・ネットワークスは、閉域ネットワークでクラウドサービスへ接続可能な「VECTANT セキュアクラウドアクセス」の対応クラウドサービスに、米IBMが提供する「IBM Bluemix Infrastructure」を追加し提供を開始した。

PAGE TOP