[新製品・サービス]

知りたい情報を検索結果に表示する次世代ウェブサービス―Yextが日本法人設立

2017年7月25日(火)杉田 悟(IT Leaders編集部)

「Hey Siri…」iPhoneユーザーが音声認識アプリ「Siri」で「近所の居酒屋教えて」と入力すると、Siriは居酒屋のテキスト情報ではなく、近所の居酒屋の載った地図を表示してくれる。それをユーザーが求めていると判断して。それを実現したのが「Yext」といわれるナレッジ・マネジメントサービスだ。このYextを提供する米Yextが2017年7月20日に設立した日本法人の会長兼CEOとして迎え入れたのが、元セールスフォース・ドットコム日本法人社長の宇陀栄次氏。「新しいビジネスを実現する可能性があるサービス」と宇陀氏が期待を寄せるYextとは。

 かつて、GoogleやYahoo!で検索を行うと、キーワードに関する膨大なリンク先が検索結果として示された。現在では通常の検索結果に加えて、例えば企業名で検索した場合にはその企業の住所、電話番号や地図、株価までがひとまとめになって掲載される。これを「ナレッジ・グラフ・カード」という。

 ユーザーが知りたいのは、例えば企業であればその企業のホームページというよりも場所、あるいは株価など。従来の検索結果だと、リンク先の公式ホームページから何層も先に進んで、やっと必要な情報にたどり着いたものだが、ナレッジ・グラフ・カードは、これらユーザーが欲しているであろう情報が一目でわかる。

 GoogleやYahoo!からすると、ナレッジ・グラフ・カードの情報はユーザビリティを向上させるための付加価値サービスであり、さらに利用者を増やすためのコンテンツとして武器になっている。

検索結果ページに最良の情報を提供

ハワード・レーマン共同創業者兼CEO

 Yextの共同創業者兼CEOであるハワード・レーマン氏は、「これらを可能にしているのがYextだ」という。Yextのナレッジ・エンジンが、GoogleやApple、Facebookのようなサービスプロバイダーを介して、最新で正確な情報をユーザーに提供しているというのだ。

 スマホユーザーが良く使用するSiriやAndroidのOK Googleの場合。例えばこれらの音声認識アプリに「ハンバーガーショップ」と音声入力すると、検索結果として表示されるのはリンク先に加え、現在地周辺のショップの地図情報や店舗メニューへのリンク先など。ユーザーの知りたいであろう情報を先回りして表示してくれる。

 SiriやOK Googleは、どうやって近くのハンバーガーショップを探し出したのか。「その答えもYext」(レーマン氏)。世界中のビジネスの最新で詳細な情報を把握、統合して管理、時代のトレンドに合わせてユーザーに提供しているのがYextだという。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

知りたい情報を検索結果に表示する次世代ウェブサービス―Yextが日本法人設立「Hey Siri…」iPhoneユーザーが音声認識アプリ「Siri」で「近所の居酒屋教えて」と入力すると、Siriは居酒屋のテキスト情報ではなく、近所の居酒屋の載った地図を表示してくれる。それをユーザーが求めていると判断して。それを実現したのが「Yext」といわれるナレッジ・マネジメントサービスだ。このYextを提供する米Yextが2017年7月20日に設立した日本法人の会長兼CEOとして迎え入れたのが、元セールスフォース・ドットコム日本法人社長の宇陀栄次氏。「新しいビジネスを実現する可能性があるサービス」と宇陀氏が期待を寄せるYextとは。

PAGE TOP