データセンター データセンター記事一覧へ

[イベントレポート]

ユーザー/IT基盤技術/業界の3動向から読み解く、クラウド/データセンターの今とこれから

クラウド&データセンターコンファレンス 2017 Summer アフタヌーン基調講演レポート

2017年8月18日(金)狐塚 淳(クリエイターズギルド)

企業が求めるITインフラ像が数年前とは様変わりしている。企業はデジタルトランスフォーメーション(DX)を含む今日のビジネス課題に応えうるITインフラを求め、また事業者はそうしたユーザーニーズを充足するITインフラの提供に努めている。クラウド&データセンターコンファレンス2016-17(主催:インプレス)のアフタヌーン基調講演に、国際大学GLOCOM 客員教授 林雅之氏が登壇。国内外のクラウド/DC動向を毎日発信し続ける林氏が、ユーザー/IT基盤技術/業界の3動向から、この分野・業界の“現在のリアル”と“この先起こること”を読み解いた。

デジタル社会の進展とIT部門の役割

写真1:国際大学GLOCOM 客員教授 林雅之氏

 ITインフラの提供側と利用側双方にとっての課題を挙げ、今後を展望した「クラウド&データセンターコンファレンス2017 Summer」(オープニング基調講演)。アフタヌーン基調講演に登壇した林氏(写真1)は冒頭、「2017年末には、グローバル2000企業のCEOの3分の2がデジタルトランスフォーメーションを企業戦略の中心に据えるようになります」と切り出し、ユーザー企業側でのデジタルトランスフォーメーションの機運向上について言及した。

 市場調査会社IDC Japanの定義によれば、デジタルトランスフォーメーション(DX)は、ビッグデータやクラウドなど第3のプラットフォーム技術を用いて、新製品やサービス、新しいビジネスモデル、新しい環境などを確立して価値を生み出し、競争上の優位を獲得する取り組みを指す。

 従来型の情報システムの構築・運用にとどまっていた企業のIT部門が、デジタル技術を駆使した新しいビジネスモデルの創出で大きな役割を果たすようになる。事業部門はエンドユーザー向けサービスの俊敏な展開が可能になり、企業はサービスプロバイダーのようなサービス/サポートの提供を行うようになる。これがDXの潮流の中で期待され、課題となるIT部門の新しい役割である、と林氏は説明した。

 「これらの新しいビジネスモデルの大半は、外部のクラウドやデータセンターを基盤に構築される流れになるでしょう。顧客や社外パートナーなどとの関係性も、収益を目指すビジネスモデルの中で大きく変化していきます」(林氏)

 林氏は、「デジタル社会は段階的に進展していく」として、個別の技術要素であるクラウドやモバイル、ソーシャル、ビッグデータなどの統合から始まり、IoTやAI、ブロックチェーンなどを主役にしたDXの実現を経て、将来的にはロボット、自動(自律)運転車といったスマートマシンが普及していくという発展のロードマップをスライドに示した(図1)。「この中でブロックチェーンは最近の注目技術ですが、2021年の市場規模は298億円に達すると予想されています。その基盤となるのもやはりクラウドとデータセンターです」(林氏)

図1:デジタル社会の進展イメージ(出典:林雅之氏)
拡大画像表示

 林氏によれば、デジタル社会進展の過程においては、AI/IoTを中心とした「デジタルインテグレーション」が重要になるという。「従来のインテグレーションと比較して、レイヤが横断的であり、さまざまな領域の新技術の知識が必要とされます。デジタルインテグレーションは大きなビジネスチャンスであり、多くの企業にとって、市場での差別化要因になる可能性が高いです。ただし、スキルの高い『デジタルインテグレーター』は不足するでしょう」(林氏)。また、デジタルビジネスの進展で多種膨大なデータが多方面から集まってくるため、データドリブンのエコシステムを構築する必要も生じるという。

 しかし一方で、国内企業はデジタルの重要性の理解が進んでいないと林氏は指摘。「日本企業と海外企業のCEOの意識調査から、日本のCEOはイノベーションを非常に重視していることが判明しました。ところが、デジタルおよびデジタル技術に関する能力を重視しているCEOは、世界の15%に対して日本はわずか4%。トップの理解が進むまで、日本企業のDXはまだまだ時間のかかるアプローチになると言えます」(林氏)

関連キーワード

データセンター / ハイブリッドITインフラ / IaaS

関連記事

ユーザー/IT基盤技術/業界の3動向から読み解く、クラウド/データセンターの今とこれから企業が求めるITインフラ像が数年前とは様変わりしている。企業はデジタルトランスフォーメーション(DX)を含む今日のビジネス課題に応えうるITインフラを求め、また事業者はそうしたユーザーニーズを充足するITインフラの提供に努めている。クラウド&データセンターコンファレンス2016-17(主催:インプレス)のアフタヌーン基調講演に、国際大学GLOCOM 客員教授 林雅之氏が登壇。国内外のクラウド/DC動向を毎日発信し続ける林氏が、ユーザー/IT基盤技術/業界の3動向から、この分野・業界の“現在のリアル”と“この先起こること”を読み解いた。

PAGE TOP