[新製品・サービス]

レノボ・ジャパン、自社PCで法人向けWindows 10を一元的にサポート

2017年8月24日(木)IT Leaders編集部

レノボ・ジャパンは2017年8月23日、法人向けWindows 10 Enterprise E3/E5を主体としたセキュリティサービスを提供すると発表した。デバイスを最新の状態に保つことによるエンドポイントの保護から、脅威を発見するための侵入検知、情報漏えいを防ぐ対策など、多層的なセキュリティを実現する。日本マイクロソフトと連携して提供する。2017年9月から販売する。価格は月額760円から。

 ユーザーは、セキュアなクライアント環境として、Windows 10 Enterprise E3/E5を、ユーザー単位の月額モデルで利用できる。レノボ・ジャパンのパソコン製品群を購入する際に、OSとしてWindows 10 Enterprise E3/E5を選択できる。例えば、Windows Helloの指紋認証機能を主要モデルでサポートする「ThinkPad」、Windows 10 Pro搭載の「ThinkCentre」、タブレット製品などで利用できる。

 Windows 10 Enterprise E3では、ロックダウン機能や、ハードウェアとIDの保護といった、エンドポイントの保護機能および情報漏えいを防ぐセキュリティ機能を提供する。一方、Windows 10 Enterprise E5では、侵入検知を行うほか、侵入が発覚した後の対策を速やかに行うための機能であるWindows Defender ATP(Advanced Threat Protection)を提供する。

 Windows 10に継続的なアップデートを提供するWindows as a Service(WaaS)の運用を支援するサービスとして、運用ノウハウの提供や、互換性を検証するサービスを提供する。具体的には、Windows 10の展開の際に課題となる互換性を検証するほか、導入後の継続的なアップデートの運用方法に関して、法人のユーザーに事前導入検証サービスを提供する。

 レノボ・ジャパンでは、今回の日本マイクロソフトとのクラウドソリューションプロバイダー契約の締結にあたり、自社のPCのサポートだけでなく、Windows 10 Enterprise E3/E5のサポートも提供する。従来のサポート体制では、PCとOSは別のサポート窓口への問い合わせが必要だったが、これをレノボ・ジャパンに一元化した。

関連記事

レノボ・ジャパン、自社PCで法人向けWindows 10を一元的にサポート レノボ・ジャパンは2017年8月23日、法人向けWindows 10 Enterprise E3/E5を主体としたセキュリティサービスを提供すると発表した。デバイスを最新の状態に保つことによるエンドポイントの保護から、脅威を発見するための侵入検知、情報漏えいを防ぐ対策など、多層的なセキュリティを実現する。日本マイクロソフトと連携して提供する。2017年9月から販売する。価格は月額760円から。

PAGE TOP