[事例ニュース]

ブロックチェーンで証券会社の顧客確認情報を共有―SBIとNECが実証実験

2017年9月14日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SBIホールディングス、SBI BITS、NECの3社は2017年9月14日、3社共同で、ブロックチェーン技術を活用した顧客確認業務の実証実験を開始すると発表した。14社の金融機関とともに実施する。

 実証実験では、ブロックチェーン技術を用いて証券会社間で顧客確認情報を共有することによって、口座開設時における顧客の利便性向上と、証券会社の業務効率化を目指す。

 背景には、金融機関において口座開設時の本人確認が厳しくなってきている一方で、口座開設を希望する利用者のうち年間約170万人が、手続きの煩雑さを理由に途中で口座開設を諦めているという状況がある。

 実験では、顧客確認情報を共有するためのアプリケーションを、オープンソースのブロックチェーン基盤である「Hyperledger Fabric」や「Corda」を用いて開発し、クラウド上に顧客確認業務基盤として実装する。

 なお、今回の実証実験は、日本取引所グループによる「ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する業界連携型の技術検証」を枠組みとして利用する。同基盤を利用した実証実験には、このほかに、東京証券取引所の実証実験や、大和証券グループの実証実験などがある。

関連キーワード

ブロックチェーン

関連記事

ブロックチェーンで証券会社の顧客確認情報を共有―SBIとNECが実証実験 SBIホールディングス、SBI BITS、NECの3社は2017年9月14日、3社共同で、ブロックチェーン技術を活用した顧客確認業務の実証実験を開始すると発表した。14社の金融機関とともに実施する。

PAGE TOP